クレジットカードキャッシングについて

記事一覧

ポイント還元が魅力の楽天カードは買い物も借り入れも抜群の使い勝手

ショッピングの強い味方

現在、日本にはかなり多くのクレジットカードが存在します。いざクレジットカードを作ろう、と思ってもこれだけ数があればどの会社で申し込むのが一番いいのかわからず、迷ってしまいます。

そこで今回おすすめしたいのは、楽天カード株式会社の提供する「楽天カード」です。楽天カードはインターネットでのショッピング、特に楽天市場や楽天ブックスをよく利用する人にとって大変使いやすいサービスであり、使いどころが多いポイントが日常の買い物でも加算される、まさに「一枚持つならこれ!」と言えるクレジットカードです。

汎用性に優れた楽天カード

楽天カードの特徴は、何と言っても高いポイント還元率にあります。楽天カードの還元率は1%、つまり100円につき1ポイントです。多くのカード会社がポイントの還元率を0.5%に設定している現在、この数値は魅力的です。しかも、これはクレジットカードが使える場所なら原則として、あらゆる買い物でポイントが発生します。

さらに楽天のサイトで買い物をした場合には、なんと2%という高いポイント還元率がつきます。貯めたポイントは豊富な品ぞろえの楽天のサイトでの買い物に使えるので、ネットでのショッピングに抵抗がない人は、うまく使うことで生活費をかなり節約できるでしょう。ポイント還元率大幅増加のキャンペーンが多いのも魅力です。

もちろんキャッシングも使える

こんな便利な楽天カードですが、他の多くのクレジットカードと同様キャッシングの機能もついています。キャッシング枠付帯のカードさえ持っていれ、ば審査いらずでいつでも利用することができます。コンビニATM、銀行ATMからの利用が可能ですから、急な際にも心強い味方となってくれます。

支払いの方法も一括、リボ払いから選ぶことができます。リボ払いにするとついつい使いすぎてしまうので、返済のプランはしっかりと立ててから利用するようにしましょう。余裕があるなら一括払いで返済して、無駄な金利をカットしていきたいところです。
(⇒リボルビング払いの構造について

ショッピングにもキャッシングにも強い楽天カードは、初めてカードを作ろうという方にはおすすめの一枚です。ネットショッピングを中心に有効に利用することができれば、非常に心強い味方となるでしょう。

JCBカードのキャッシング機能が海外旅行で心強い一つの真実!

有名なクレジットカード

JCBカードは数あるクレジットカードの中でも、非常によく知られている一枚です。株式会社ジェーシービーの提供するこのカードサービスは、他のカード会社のカードを使っている人や、クレジットカードを持っていない人、クレジットカードに何の興味もない人にすら広く知れ渡っていることでしょう。

特にその名前の通り日本国内では強く、国内においてはJCBのロゴを今まで見かけたことがない、という人はかなり少ないのではないでしょうか。それくらい、日常的に使える場所が多いという事です。

JCBの魅力とは

そんなJCBカードですが、その魅力は知名度や年会費無料かつ高い倍率でたまるポイント、スタイリッシュなデザインなどもさることながら、海外での利用も心強い、という点は大きいのではないでしょうか。

なぜならJCBカードには、海外旅行障害保険が自動的に付帯されるからです。普通、年会費無料で作れるカードの場合は料金をそのカードで支払った場合にのみ適応されることが多いのですが、JCBカードなら最大二千万円、さらにショッピング保険が100万円まで付帯されます。これだけの保険がついていれば、長期の滞在でもしない限りまず心配はないでしょう。

さらにJCBカードにはキャッシング機能もついています。海外において突然現地通貨が必要になってしまった時は、日本のように簡単にはいきません。そこには言語の問題もあり、両替の課程の問題もあります。それに海外の都市において大金をもって外を歩く、ということはあまり感心されません。

しかし、そんな時JCBカードがあれば大いに強みとなるのです。JCBカードにつけられたキャッシングサービスは、各都市の空港や銀行に設置されているATMからの利用が可能です。

もし急お金が必要となったときも、それらの機械から簡単にお金を調達することができます。その容易さは他の手段に比べても飛びぬけているといえるでしょう。海外旅行を頻繁にする方なら、JCBカードをもっていて損はないと言えます。

欠点も無いわけではない

総じてキャッシングの便利さが目立つJCBですが、欠点もあります。それはある意味クレジットカードで肝心とも言える部分のショッピング枠が、国内外においてあまり対応率が高くないという事です。
(⇒ショッピング枠とキャッシング枠の違いと用途

国内なら優遇されやすいJCBですが、それでもクレジットカードの先駆者とも言えるVISAやMasterCardの方が国内、国外とも多くの店で使えるのが現実です。キャッシングがより重要でない限りは、VISAとMasterCardも視野にいれたクレジットカード選びが好ましいでしょう。

メインは難しい?便利なクレジットカードキャッシングの弱点も知ろう

選択肢が豊富なクレジットカード

現在、日本には非常に多くのクレジットカードが存在します。そして多くのクレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠が設けられています。他の機能が搭載されている事もありますが、この二つはほぼ確実と言えるレベルです。

クレジットカードの本来の目的は、あくまでもショッピングでの利用ですから、キャッシングサービスは付随的なものになります。付随的なものといっても緊急の場合には非常に役立つものですし、クレジットカードを一枚持っているだけで、日々の生活を安心して送れる、ということもあります。

キャッシング機能でクレジットカードを選ぶ是非

しかし、キャッシングという点に注目してクレジットカードを比較するのは、少々難しいことです。その理由としてはそれがあくまでも付随的なサービスであるために、クレジットカードでのキャッシングという点に絞ってまとめられた情報が少ないことが挙げられます。
(⇒キャッシングの比較対象について考えてみる

それに利率や内容から考えて、単純にキャッシングのみを利用しようというのであれば、普通にキャッシング会社で融資を受けた方が良いです。特に銀行カードローンとクレジットカードキャッシングでは、性能に大きな差が現れやすいです。
(⇒銀行カードローンの魅力と言えば?

ですからクレジットカードでのキャッシングを考える際は、あくまでも自分がどのような目的でクレジットカードを使いたいのか、という点に絞って考えるのが良さそうです。その点が明確になって初めて、似たようなサービスを行っているほかのクレジットカードと比較が出来ようというものです。

クレジットカードのキャッシング枠に固執し過ぎない事

クレジットカードのキャッシング枠は便利な一方で、利率が少々高めなことや使いすぎると次回の審査に響くことなど、注意点もあります。利用する際はあくまでも付随的なサービスであることを忘れず、不用意に使いすぎないよう注意しましょう。

あれば便利、だけど多用するものじゃない…まずはそう考えておくと、間違いも起きにくいでしょう。

クレジットカードキャッシングの便利さに隠れたデメリットも知ろう!

クレジットカードの便利機能と言えば

クレジットカードを持っていない人の多くは、それがショッピングを手軽に行うだけのカードだと思い込んでいます。もちろんそれは間違いではありませんが、クレジットカードにはそれだけでない便利な機能が幾つかあります。キャッシング機能などはその一つでしょう。
(⇒便利なクレジットカードをさらに便利にするキャッシング機能

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠の二つが設けられています。ショッピング枠は本来の用途であるショッピングを便利に行うためのものであり、キャッシング枠はクレジットカードを使ってキャッシングを行うためにもうけられたものです。クレジットカードを使ってキャッシングを行う場合には、このキャッシング枠の制限内で融資を受けることになります。

クレジットカードキャッシングならではの特徴

クレジットカードを使ってキャッシングを利用するメリットとは何でしょうか。まず、それは早いことです。クレジットカードを持ってさえいれば、面倒な申し込みや、審査にかかる時間も必要ありません。審査のスピードがネックにもなりやすいカードローンからすると大きな違いです。

最近ではキャッシング会社の審査も非常に早くなっていますが、それでも落とされたり、手違いがあると予想以上に時間がかかってしまいます。クレジットカードキャッシングならそのままショッピング枠だけでなくキャッシング枠も審査できるわけですから、一度の手間で買い物と借り入れ枠が手に入るチャンスです。全国の銀行、コンビニATMでの利用が可能なので、いつでも融資を受けることができますが、クレジットカードの審査自体に通過しないといけないのは理解しておきましょう。

そんな便利なクレジットカードキャッシングですが、キャッシング会社でキャッシングを行う際には発生しないようなデメリットもあります。それは返済をきっちり行っていても、あまりに使用履歴が激しいと、次にクレジットカードを作る際の審査で不利になってしまうということです。キャッシング会社のキャッシングであれば、返済さえ行っていれば不利に働くことはありません。
(⇒返済の遅延だけは避けたい理由

メリットデメリットの二つを理解して使う

クレジットカードのキャッシング機能はあくまでも副次的なサービスであり、カード会社的には必ずしも歓迎すべきサービスとは限りません。

便利な機能ですが、使いどころは抑えておいたほうが良さそうです。メリットとデメリットのどちらが大きいか、必ず自分の意思で確認しておきましょう。

一枚で十分!?クレジットカードのキャッシング機能を使いこなそう!

あなたの生活を便利にする一枚

クレジットカードは一枚持っているだけで日常の買い物が非常に便利に行えるという優れものです。最近ではクレジットカードが利用できる範囲がかなり広範囲にわたるようになり、ますます便利なものとなってきました。これが多くの方に普及した理由の一つでしょう。

例を挙げるならば、現在では病院やガス代、光熱費の支払いもクレジットカードで済ませられるようになっています。これは、少し前では考えられなかったことで、さらにクレジットカードには使うたびにポイントが加算されという嬉しい特典もあり、生活に必要なお金でポイント還元が生まれるというのは、現金払いには無い大きなアドバンテージです。

買い物だけがクレジットカードじゃない

さて、そんな便利なクレジットカードですが、じつはショッピング機能だけではなく「キャッシング」の機能もついています。クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠が設定されており、キャッシング枠内なら融資を受けることができるのです。
(⇒ショッピング枠とキャッシング枠を使い分ける

クレジットカードでキャッシングをうける際の強みは、何と言っても手間がかからないことです。もし、クレジットカードを持ってさえいれば、わざわざキャッシングの申し込みをすることなく、簡単にお金を借りることができます。一枚で買い物も借り入れも済ませられるというのは、絵的にもスマートですね。

クレジットカードでキャッシングを行う際には、提携している銀行やコンビニのATMを通してお金を借りますから手間もかかりませんし、いつでも利用することができます。金利も消費者金融と比較するとそこまで高いわけではなく、これさえ持っていればわざわざ審査を通って消費者金融を利用する必要性は薄れます。
(⇒キャッシングの便利さと問題

便利なだけじゃないクレジットカードキャッシング

このように、非常に便利なクレジットカードキャッシングですが、いくらそれが便利だからといって「お金を借りている」という自覚を忘れ、使いたい放題に使うということがあってはなりません。これは通常のキャッシングと何ら変わりません。

キャッシングの手段が便利になればなるほど、人はお金の重さを忘れてしまいがちです。しかし借りる方の意識がどうあれ、お金の重みは変わらないのですから、利用する際には事前に返済のプランをしっかりたて、無理のない範囲で借り入れを行いましょう

クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠を使い分けるコツ

クレジットカードには二つの機能がある

クレジットカードは買い物の際に持っていると、非常に重宝する便利なショッピングツールです。クレジットカードにあまり詳しくない人にとってはただ買い物の際に利用するだけのもののように思われますが、じつはクレジットカードの用途はそれだけにはとどまりません。

クレジットカードには「ショッピング枠」と呼ばれるものと「キャッシング枠」と呼ばれるものが存在します。ショッピング枠は一般的なクレジットカードの用法、すなわち買い物の際に使用することで、現金を後払いするというものに沿ったものです。クレジットカードも無制限に使えるわけではありませんから、このショッピング枠の制限内で買い物ができることになります。

キャッシング枠ってどんな機能?

一方、キャッシング枠とはクレジットカードを使ったキャッシングの際に活躍するものです。クレジットカードでキャッシングができるというと少々意外な感じがしますが、このキャッシングサービスは使いどころさえ間違えなければ大変便利なものです。
(⇒クレジットカードのキャッシング機能は使いドコロが重要!

キャッシング枠付きクレジットカードをもっていれば審査を受ける必要もありませんし、別々に申し込みも必要ありません。融資も非常にスピーディに受けることができます。一枚で買い物も現金借り入れもできるカードに早変わりというわけです。

ただし、キャッシング枠はあくまでもクレジットカードの付随的なサービスなので、最初から付けないも後から0円に設定してもらうことも可能です。別の融資の審査を受ける場合にキャッシング枠が邪魔になる事も考えられますので、クレジットカードは買い物だけと考えるなら、最初から外す方が逆に役立つ事もあります。

クレジットカードを持つ前に

クレジットカードを持とうと考えるなら、事前にこの二つの枠の違いについてしっかりと把握しておきましょう。時折二つの枠の限度額が同じに混同している方もいますが、それぞれの限度額がきちんとカウントされています。

また、キャッシング枠を使いすぎると次にクレジットカードを作ろうという際、審査に大きく響いてしまうという点にも注意が必要です。不要な物は使わないのが、将来に備えるコツの一つなのです。

クレジットカードの現金化は危険!?キャッシングの方が安全な理由

やはり頼りになるのは現金?

クレジットカードは主にショッピングに使われるものですが、これを使ってキャッシングのサービスをうけることも可能です。一枚で二つの機能があるという事ですね。

これがクレジットカードのキャッシング枠と呼ばれるもので、ショッピング枠とは別に計上されています。キャッシング利用の際には様々な注意点がありますが、クレジットカードにおいてはこのキャッシング枠が希望制であるという事、使いすぎると次回の審査に響くことなどに注意せねばなりません。

そしてお金に困った際、クレジットカードを持っている人がやってしまうことに「ショッピング枠の現金化」があります。これはキャッシングとは別物であり、注意しないといけない行為です。

ショッピング枠の現金化は大丈夫なの?

ショッピング枠の現金化とは、クレジットカードに設けられたショッピング枠を現金にして手に入れるといった方法です。確かにこれはキャッシング枠を利用する必要もありませんし、すぐにお金が手に入るという点では優れた手段なのかもしれません。

しかし、かといって現金化はおこなってはならないものです。なぜなら、クレジットカード会社ではショッピング枠を現金に換算するという行為を全面的に禁じているからです。現金化した事実が知れてしまうとカードの利用を停止されてしまうようなことがあります。

それにクレジットカードの現金化を行うような業者には悪徳業者が多いうことも、現金化を危険なものにしている要因のひとつです。悪徳業者に引っかかってしまった挙句、実際に引かれた金額よりも少ない金額しか振り込まれていなかったり、こちらが指定した以上に多くのショッピング枠が現金化されてしまうということがあります。酷い場合には、お金が振り込まれないことさえもあります。

良くある行為として『買い物を行ったとして現金を渡す』という手口がありますが、法の目をかいくぐってこそいるものの、スレスレの行為であることから、違法業者が多いです。買った商品以下の金額しかもらえないなんて事は珍しくありません。

現金化はしないのが無難

クレジットカードのショッピング枠現金化は法的に問題があるばかりか、さらに多くの債務を抱える原因ともなりえます。インターネットを徘徊していると、クレジットカードの現金化をすすめるような広告をよく見かけますが、絶対に行わないようにしましょう。

触らぬ神に祟りなしと言うように、クレジットカード現金化業者は借り入れにおける闇金融業者くらいに思っておいても良いでしょう。
(⇒闇金融業者とはどんな存在?

カードローンとキャッシング、気になるニュアンスの違いを徹底解明!

気になる借り入れ機能の違い

急にお金が必要になった時、あなたならどうしますか?おそらく両親や知人にお金を借りに行ったり、貯金を切り崩したりして何とかお金を工面しようとするでしょう。実際個人から借りるのはともかく、自分自身のお金で解決できるのなら、それは理想出来です。

しかしそれで何とかならないからこそ困っている、というのが多くの場合の事実でしょう。時にはちょっと不要な物を売ったくらいでは足りない費用が発生する事もあり、そこで活躍するのがキャッシングやカードローンといったサービスです。
(⇒今日から始めるキャッシング

キャッシングやカードローンといったサービスは名称こそ違えど、現代においてはほぼ同じものとなりつつあります。強いて言うならカードを使って受ける融資がカードローン、そうでないものがキャッシング、といったような大雑把なわけ方をしている人も居ます。それでも、昔はこの二つはハッキリと違うものでした。

キャッシングとカードローンは何が違う?

その違いは返済の方法にありました。そもそもカードローンはその前進にローンがあり、それをより一層使いやすくしたサービスなのです。ローンといえば、「住宅ローン」や「自動車ローン」などの言葉に表されるとおり、一度に払いきれないような大きなお金を分割で支払うというものです。
(⇒住宅ローンはどう借りる?

すなわち、カードローンはその前提として返済の方法が分割式である、ということが挙げられました。一方、キャッシングはというと手軽に受けられる小額の融資として世に広まったものであったため、の返済方法は一括方式が基本でした。

ところが、現在はキャッシングでも分割返済方法が広く取り入れられています。カードローン、キャッシングといった区別は現代では最早、個人の感覚に依存している部分が強くなってきているのです。

強いて言うなら、クレジットカードの借り入れはキャッシングと呼ばれる事が多いため、借り入れ専用のカードをカードローン、クレジットカードに付帯している借り入れ機能をキャッシングと呼ぶ事が多いようです。参考までに頭に入れておくと良いでしょう。

言葉はイメージ的なものが大きい

一般的に世の中では「カードローン」というと安心できるイメージ、「キャッシング」というとなんだか怖いもののように感じる、といったイメージが流布しています。確かに、借金というよりもローンという方が意味は同じなのに印象が変わるという事に近いのでしょう。

しかし、現代ではもうその違いがほとんどないのですから、名称にこだわらず本当に自分が使いやすいサービスを見極めて利用することが大事なように思われます。その上でクレジットカードからの借り入れにするか、専用のカードで借りるかを決めましょう。

クレジットカードの二大機能ショッピングとキャッシングについて知る

買い物だけにとどまらないクレジットカードの嬉しい用途

クレジットカードの一般的な使い方は、やはりそれを使ってショッピングをスムーズに済ませるといったものです。ですからクレジットカードを持っていない多くの人は、それがショッピングのためだけのものと思い込んでいます。

しかし、クレジットカードの用途は必ずしもそこだけにとどまるものではありません。クレジットカードは対応店の買い物でしか使えないから現金のみの店だとどうしようもない…そんな弱点すら補えるのです。

クレジットカードの二つの便利な機能

ここではクレジットカードには「ショッピング枠」なるものと「キャッシング枠」なるものがあることについてご説明しましょう。単純に考えてもクレジットカードには二つの用途があるという事です。

「ショッピング枠」は一般的なクレジットカードの用途に沿ったものです。クレジットカードを使って無限に買い物をすることは出来ませんから、利用可能な制限が限度額として設けられています。それが「ショッピング枠」です。使用者はショッピング枠を超過して買い物を行うことはできません。カードでの買い物はついついいくらでも使えるように錯覚を起こしますが、そんな事はありませんので注意してください。

一方の「キャッシング枠」とは、クレジットカードを使ったキャッシングを行う際に使用される枠です。クレジットカードでキャッシングが行えるというと意外に感じる方がいるかもしれませんが、クレジットカードでのキャッシングは使う度の審査がいらないという点で、非常に便利なものです。これもショッピング枠と同じく、利用者は枠内でのキャッシングのみが可能になります。注意点である使い過ぎについても同様です。

用途が広くとも使いどころは見誤らない事

クレジットカードの用途は、意外と広いものです。これからクレジットカードを持とうという方は、その用途やそれぞれの枠の意味、効率的なクレジットカードの利用法について、あらかじめ知っておくと良いでしょう。

そうすればさらに便利にクレジットカードを使いこなすことができますし、買い物だけでなくキャッシングにおいても役立たせる事が可能です。ただし、キャッシング全般に言えることですが、使いすぎには注意しなくてはなりません。

便利にお金が借りられると、しばしばその重さを忘れてしまいがちです。借りる方の意識に関わらず、お金の重さを常に同じなのですから、明確な返済プランが立てられないうちは、利用はなるべく差し控えた方が良いでしょう。
(⇒返済プランが整うとキャッシングは安定して使っていける

クレジットカードでキャッシングをした結果のメリットとデメリット

買い物だけがクレジットカードの持ち味じゃない

クレジットカードは便利なショッピングツールとして今日では広く普及していますが、その用途はショッピングだけにとどまるものではありません。もちろん買い物だけに使っても便利ですが、せっかくならその機能をフル活用したいですよね?

実は、クレジットカードを使うとキャッシングも可能になるのです。このキャッシングにはクレジットカードキャッシング独自の仕組みがありますので、使用するまえにはそこをきっちりとおさえておく必要があります。

クレジットカードで使うキャッシングの強みとは

クレジットカードでキャッシングをするということは、クレジットカードに設けられた「キャッシング枠」からキャッシングを行うということです。クレジットカードには、本来の用途であるショッピングに使用する「ショッピング枠」とキャッシングに使用する「キャッシング枠」が存在します

どちらも限度額による制限がされており、そこを越えて利用することはできません。クレジットカードでのキャッシングはキャッシング枠の制限内のものとなり、買い物は買い物でショッピング枠独自の限度額があります。キャッシングを利用しようというときに特に審査は行われませんが、クレジットカードを作る際に希望することで一緒に審査されます。

さらにクレジットカードでキャッシングを行うということには、リスクがあることにも注意せねばなりません。一般的にキャッシングを行っても返済さえキチンとすれば審査の際にも問題はありません。しかし、クレジットカードにおいてキャッシング機能はあくまでも副次的なものであり、キャッシングに関する法改正が行われてからは、カード会社としてもあまり取り入れたいサービスというわけではないようです。
(⇒クレジットカードキャッシングの裏事情

便利だからこそ使うタイミングを絞ろう

そのため、返済をしっかり行っていてもキャッシング枠からあまりに頻繁に借り入れが行われているようでは、他の会社でカードを作ろうとした際に審査の段階で少なからず不利に働いてしまいます。

クレジットカードを使ってキャッシングを行う際には、これらのことを念頭におき、あまり使いすぎないようにしましょう。副次的な機能と言うのならば、ここぞという時に絞るのも有効活用法なのです。

1 2 >