JCBカードはキャッシングが海外でも役立つ

JCBカードのキャッシング機能が海外旅行で心強い一つの真実!

有名なクレジットカード

JCBカードは数あるクレジットカードの中でも、非常によく知られている一枚です。株式会社ジェーシービーの提供するこのカードサービスは、他のカード会社のカードを使っている人や、クレジットカードを持っていない人、クレジットカードに何の興味もない人にすら広く知れ渡っていることでしょう。

特にその名前の通り日本国内では強く、国内においてはJCBのロゴを今まで見かけたことがない、という人はかなり少ないのではないでしょうか。それくらい、日常的に使える場所が多いという事です。

JCBの魅力とは

そんなJCBカードですが、その魅力は知名度や年会費無料かつ高い倍率でたまるポイント、スタイリッシュなデザインなどもさることながら、海外での利用も心強い、という点は大きいのではないでしょうか。

なぜならJCBカードには、海外旅行障害保険が自動的に付帯されるからです。普通、年会費無料で作れるカードの場合は料金をそのカードで支払った場合にのみ適応されることが多いのですが、JCBカードなら最大二千万円、さらにショッピング保険が100万円まで付帯されます。これだけの保険がついていれば、長期の滞在でもしない限りまず心配はないでしょう。

さらにJCBカードにはキャッシング機能もついています。海外において突然現地通貨が必要になってしまった時は、日本のように簡単にはいきません。そこには言語の問題もあり、両替の課程の問題もあります。それに海外の都市において大金をもって外を歩く、ということはあまり感心されません。

しかし、そんな時JCBカードがあれば大いに強みとなるのです。JCBカードにつけられたキャッシングサービスは、各都市の空港や銀行に設置されているATMからの利用が可能です。

もし急お金が必要となったときも、それらの機械から簡単にお金を調達することができます。その容易さは他の手段に比べても飛びぬけているといえるでしょう。海外旅行を頻繁にする方なら、JCBカードをもっていて損はないと言えます。

欠点も無いわけではない

総じてキャッシングの便利さが目立つJCBですが、欠点もあります。それはある意味クレジットカードで肝心とも言える部分のショッピング枠が、国内外においてあまり対応率が高くないという事です。
(⇒ショッピング枠とキャッシング枠の違いと用途

国内なら優遇されやすいJCBですが、それでもクレジットカードの先駆者とも言えるVISAやMasterCardの方が国内、国外とも多くの店で使えるのが現実です。キャッシングがより重要でない限りは、VISAとMasterCardも視野にいれたクレジットカード選びが好ましいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加