キャッシング

知りたい・知っておくべきキャッシング情報が満載!!

キャッシングローン

キャッシングローンの基礎知識

お金が必要なあなたやキャッシングでお金を借りようと思っているあなた。まずはキャッシング(お金を借りる)という事がどういうことなのか基礎知識を学びましょう。お金や借金で失敗してしまわないため事前に情報を知ることはとても大切です。



キャッシング 審査

キャッシングの申込み・審査について

初めてキャッシングをしようとしている方の多くが申込や審査についての悩みや不安を抱えています。どうやって申し込めばいいのか、自分は審査に通るのか?在籍確認ってなに?そういった初歩的なことからキャッシングにおける審査の詳しい話まで解説します。



キャッシング 無利息

即日や無利息のキャッシングについて

即日キャッシングや無利息キャッシングなどの魅力的なサービスを謳うキャッシング会社や消費者金融もあります。しかし本当に今日お金を貸してくれるのか?無利息なんて嘘だ!?と思うかもしれません。即日や無利息の気にある話題にお答えします。



キャシング 返済

キャッシングの金利や返済について

借りたお金は返すのが人として当然です。当たり前のことですがキャッシングだって借りた消費者金融や業者にしっかり返済しなくてはなりません。キャッシングしたさいの金利や年利の話し、また返済についての知っておきたい情報が満載です。



クレジットカード キャッシング

クレジットカードキャッシングについて

キャッシングは消費者金融や業者からお金を借りる以外にも、あなたの財布に入っているクレジットカードでお金を借りることもできます。手軽にできるクレジットカードを使ったキャッシングですが、思わぬ落とし穴や後々後悔してしまうことが多いようです。



キャッシング 情報

キャッシング業者・消費者金融の情報

大々的にテレビコマーシャルや広告を出している大手の業者から地域密着型のキャッシング業者まで消費者金融も多種多様です。そしてアナタに合った消費者金融もまたそれぞれです。キャッシング業者の特徴や特筆するべき所を比較し借りる業者を検討しましょう。



誰でも簡単にできるキャッシングまでの流れを3つの段階で解説!

キャッシング利用までの流れについて

最近ではネットキャッシングなどのサービスが充実し、キャッシングまでの手続きが随分簡単に、スピーディに行われるようになりました。金融業界は日々進化を続けていると言っても過言ではありません。
(⇒ネットキャッシングで借り入れをもっと便利に!

しかし、やはりキャッシングまでの流れが良く分からず、不安を感じている方が多くいるというのも事実です。そこで今回は、キャッシング利用までの簡単な流れを分かりやすく説明します。これで誰でも簡単にキャッシングを導入できるでしょう。

キャッシング利用の流れ一覧

1. キャッシング会社を選ぶ
キャッシングを利用するためには、どこのキャッシング会社で借り入れを行うかを先に決めておく必要があります。それぞれの会社に特徴がありますが、なるべく信用のおけるテレビなどでよく名前を聞くような有名店を選ぶようにしましょう。
(⇒初心者にオススメのキャッシング業者はこちら

2. 審査の申し込みを行う
キャッシングを利用するためには審査を通過する必要があります。これはどのような会社で借りようが同じことです。審査の申し込みはどのような方法でキャッシングの申し込みを行うかによって様々ですので、インターネットキャッシングならば、申し込みフォームに必要事項を記入することで審査を受けることが出来ます。これなら比較的スピーディに審査申し込みを行うことができます。
(⇒キャッシングに審査が必須な理由

3. 融資
審査を通過すれば融資を受けることができます。即日融資の場合であれば、この時点で本人の確認が取れ次第融資を受けられます。急ぎの方は事前に相談しておくのも手です。
(⇒即日融資を受ける為のノウハウ

キャッシングまでの流れ補足

インターネットキャッシングならばさらにこの後、契約書が送られてきます。その契約書と共に必要な書類を要求されますので、用意しておきましょう。また、書類が必要でなく全ての手続きをインターネットで行える小額融資の形態も存在します。

限度額はある程度限られてきますが、とにかく早い上に手間がかからないので、お急ぎの方はこのようなサービスを利用するのも一つの手です。代表的なものには三菱UFJファイナンシャルグループのキャッシュワンなどがあります。参考までに検討してみて下さい。

クレジットカードキャッシングの便利さに隠れたデメリットも知ろう!

クレジットカードの便利機能と言えば

クレジットカードを持っていない人の多くは、それがショッピングを手軽に行うだけのカードだと思い込んでいます。もちろんそれは間違いではありませんが、クレジットカードにはそれだけでない便利な機能が幾つかあります。キャッシング機能などはその一つでしょう。
(⇒便利なクレジットカードをさらに便利にするキャッシング機能

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠の二つが設けられています。ショッピング枠は本来の用途であるショッピングを便利に行うためのものであり、キャッシング枠はクレジットカードを使ってキャッシングを行うためにもうけられたものです。クレジットカードを使ってキャッシングを行う場合には、このキャッシング枠の制限内で融資を受けることになります。

クレジットカードキャッシングならではの特徴

クレジットカードを使ってキャッシングを利用するメリットとは何でしょうか。まず、それは早いことです。クレジットカードを持ってさえいれば、面倒な申し込みや、審査にかかる時間も必要ありません。審査のスピードがネックにもなりやすいカードローンからすると大きな違いです。

最近ではキャッシング会社の審査も非常に早くなっていますが、それでも落とされたり、手違いがあると予想以上に時間がかかってしまいます。クレジットカードキャッシングならそのままショッピング枠だけでなくキャッシング枠も審査できるわけですから、一度の手間で買い物と借り入れ枠が手に入るチャンスです。全国の銀行、コンビニATMでの利用が可能なので、いつでも融資を受けることができますが、クレジットカードの審査自体に通過しないといけないのは理解しておきましょう。

そんな便利なクレジットカードキャッシングですが、キャッシング会社でキャッシングを行う際には発生しないようなデメリットもあります。それは返済をきっちり行っていても、あまりに使用履歴が激しいと、次にクレジットカードを作る際の審査で不利になってしまうということです。キャッシング会社のキャッシングであれば、返済さえ行っていれば不利に働くことはありません。
(⇒返済の遅延だけは避けたい理由

メリットデメリットの二つを理解して使う

クレジットカードのキャッシング機能はあくまでも副次的なサービスであり、カード会社的には必ずしも歓迎すべきサービスとは限りません。

便利な機能ですが、使いどころは抑えておいたほうが良さそうです。メリットとデメリットのどちらが大きいか、必ず自分の意思で確認しておきましょう。

利息を少なくして返済する賢いキャッシング利用法を伝授!

利息の概念を学ぶ

キャッシングなどの金融商品の説明では、必ず利子あるいは利息についての記述がありますが、利子と利息は一応同じものです。一応と言うのは使い方を区別する場合があるためで、まず銀行の預金の場合は利息を使いますが、郵便貯金の場合は利子と言っています。

また、借手が払うのを利子、貸手が貰うのを利息と言う場合もあります。法律的に用いる場合は利息を使います。いずれにしても借りた元金に金利によって計算して上乗せして返済するものを指しますので、その上乗せする分を解説します。

利息を知ってお得なキャッシングを!

上乗せされるわけですから、当然金利(通常は年利を使います)が低いほうが利子が安くなり、返済総額は少なくなりますので、これがキャッシング商品を選ぶ場合の基本情報となります。
(⇒キャッシング選びの基本は金利を見るべし

キャッシング商品の金利は商品ごとに違いが有り、また借りる金額で変わってきます。借りる金額が決まったら、キャッシング商品を調べもっとも有利なものを選ぶようにします。たとえ小額であっても、返済時に何があるか分からないので、しっかり選んでください。借りれば金利が発生するのはどんな金額であっても変わりません。

まずキャッシングをする場合には返済期間を設定し、各商品の金利から返済総額を算出することに加えて毎月の返済額を計算しますが、この返済期間によっては、利子がゼロになる場合が有ることを覚えておきましょう。
(⇒金利0で完済する方法とは?

なぜゼロになるかというと、キャッシング商品の中には借りた後、1週間とか1ヶ月場合によっては半年とかの期間を設定し、その間は無利子というものがあるからです。無利息期間と言いますが、金利のほかに重要な確認項目になります。
(⇒無利息期間の期限の違い

無利息期間中に返済可能な場合には、金利の設定が高い場合であっても、利子が無いわけですから、このキャッシング商品のほうが有利です。ただし、本当に無利息期間内に返済可能なのか充分返済計画を検証しておかなければなりません。無理な返済計画は結局自分の首を絞めることになりますので、無理な場合は無利息期間に拘ってはいけません。

また、カードローンなどの場合にはポイントシステムと連動して利用する毎にポイントが溜まる事があり、これを利子と相殺すると実質的な利子は少なくなる場合もあります。自分の利用方法を良く検討して、計算してみましょう。このようにキャッシング商品にはそれぞれ特徴があり、場合によっては利子だけでは判断できない場合もありますから、特徴を調べることも忘れてはいけないのです。
(⇒ポイントを使ってお得なキャッシングを使おう!

利息は余分を削るのが基本

生活を維持する、あるいは豊かにするためには、時にはお金を借りることも悪いことではありません。しかし余分な利子を払う必要もありませんので、借りるときは良く調査して、賢く借りたいものです。

もちろんキャッシングは金利以外も大事ですので、利息以外もきちんと見ておきましょう。

一枚で十分!?クレジットカードのキャッシング機能を使いこなそう!

あなたの生活を便利にする一枚

クレジットカードは一枚持っているだけで日常の買い物が非常に便利に行えるという優れものです。最近ではクレジットカードが利用できる範囲がかなり広範囲にわたるようになり、ますます便利なものとなってきました。これが多くの方に普及した理由の一つでしょう。

例を挙げるならば、現在では病院やガス代、光熱費の支払いもクレジットカードで済ませられるようになっています。これは、少し前では考えられなかったことで、さらにクレジットカードには使うたびにポイントが加算されという嬉しい特典もあり、生活に必要なお金でポイント還元が生まれるというのは、現金払いには無い大きなアドバンテージです。

買い物だけがクレジットカードじゃない

さて、そんな便利なクレジットカードですが、じつはショッピング機能だけではなく「キャッシング」の機能もついています。クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠が設定されており、キャッシング枠内なら融資を受けることができるのです。
(⇒ショッピング枠とキャッシング枠を使い分ける

クレジットカードでキャッシングをうける際の強みは、何と言っても手間がかからないことです。もし、クレジットカードを持ってさえいれば、わざわざキャッシングの申し込みをすることなく、簡単にお金を借りることができます。一枚で買い物も借り入れも済ませられるというのは、絵的にもスマートですね。

クレジットカードでキャッシングを行う際には、提携している銀行やコンビニのATMを通してお金を借りますから手間もかかりませんし、いつでも利用することができます。金利も消費者金融と比較するとそこまで高いわけではなく、これさえ持っていればわざわざ審査を通って消費者金融を利用する必要性は薄れます。
(⇒キャッシングの便利さと問題

便利なだけじゃないクレジットカードキャッシング

このように、非常に便利なクレジットカードキャッシングですが、いくらそれが便利だからといって「お金を借りている」という自覚を忘れ、使いたい放題に使うということがあってはなりません。これは通常のキャッシングと何ら変わりません。

キャッシングの手段が便利になればなるほど、人はお金の重さを忘れてしまいがちです。しかし借りる方の意識がどうあれ、お金の重みは変わらないのですから、利用する際には事前に返済のプランをしっかりたて、無理のない範囲で借り入れを行いましょう

キャッシングの明細と通知の違いって?分かりにくい二つの違いまとめ

キャッシングの利用明細と通知って何>/h3>

キャッシングを利用すると、利用者のもとにはキャッシング会社からの利用明細と通知が届きます。これらはキャッシングを利用したということを利用者本人に知らせるものですが、家族にキャッシングをしているということを知られたくない人にとってはなかなか厄介なものです。
(⇒家族にバレずにキャッシングを利用するには

そもそも利用明細、キャッシング通知とは何なのでしょうか。ほとんど同じもののようにも感じられますが、やはりその内容には違いがあります。キャッシングを利用するのなら、その違いについて知っておくこともまた必要なことだといえるでしょう。

利用明細と通知の違いを知ろう

利用明細は、月々にキャッシングを利用した額が詳細に書かれた書類です。毎月届けられる明細を確認することで、自分の借り入れ額をしっかりと把握しておくことは計画的なキャッシングにおいては必須の項目です。ただし、この明細から家族にキャッシングを利用しているということがばれてしまうケースも少なくありません。

利用額が詳細にわかるため、額によってはさらに大きな問題に発展することも十分に考えられます。最近ではネット上で確認できるWEB明細を取り入れているキャッシング会社も多いため、そのようなサービスを利用すれば家族に明細を見られることはありません。紙の利用明細はコストがかかる為に、ほぼ撤廃している業者も存在します。

一方、通知のほうはというとこれはシンプルに「融資を利用した」という事実を知らせるためだけのものです。やはり通知も毎月送られてきます。注意しなければならないのは、これは明細とは別のものだということです。したがってWEB明細に切り替えたところで、通知はやはり自宅に届くことになります。

必ず送られてくる物に注意

通知の送付は法律で定められているため、これを止めてもらうというようなことはできません。通知はキャッシングを利用すれば必ず郵便物として届きます。

そのため、どうしても家族にばれたくないのであれば、郵便物をこまめにチェックするなどして、この通知に注意する必要があります。或いは家族に先に話しておく方が楽な場合もありますので、それはよくよく相談してみましょう。

キャッシング利用の危険性はどこに?安全に使う前に知っておきたい事

キャッシングは危険なの?

キャッシングを利用したことのない人の中には、キャッシングというものをあまりにマイナスのイメージで捉えている人が多くいます。その考えには矛盾も多いのですが、やはり染み付いた印象というのはなかなか消せません。

もちろん借金である以上決して褒められたものではありませんが、返済さえキチンとすれば特に悪いものでもありませんし、危険があるというわけでもありません。では、何故ここまでマイナスイメージが浸透しているのか?

キャッシングのマイナスイメージの正体

キャッシングに対するマイナスのイメージは、やはり一昔前に横行した闇金業者に絡んだものが多いのではないでしょうか。確かにそのような業者が存在したことは事実ですし、今でも完全に絶滅したわけではありません。
(⇒今もなお生き残る闇金融業者について

ですが現在においては2009年に法律が改正され、国が定める金利以上の金利で貸し付けを行う業者にはより厳しい罰則が与えられるようになったため、そのような業者はほぼ存在しなくなりました。それに、そもそもキャッシング初心者がいきなりそのような業者の手にかかるということはなかなか考えにくい事態です。
(⇒法改正で変わったキャッシング

キャッシングを初めて利用する場合であれば、テレビやネットでよく見かけるような大手消費者金融や、銀行系のカードローンを利用するようにしましょう。借り入れを行うには審査を通過する必要がありますが、初心者であれば借用履歴がクリーンな分、年齡次第ではある程度有利に働きます。

もし借りられなかったとしても、学生ローンやレディースローンといった特定の人に向けられたキャッシングサービスを利用することができれば、審査の通過は容易になります。対象となる方は利用の検討をしてみましょう。
(⇒レディースローンを受けるために

キャッシング自体は危険でない事を理解しよう

キャッシングはそれ自体が特に危険というわけではありません。ただ、利用する際には借金をしているという自覚を持ち、必ず返せる範囲で借入れを行うこと、または返済のプランをしっかりと組んでおくことが安全に利用するポイントです。

キャッシングを利用し自己破産などの目にあってしまう人の多くが、この計画性を欠いています。簡単ではあっても、借金には変わりないということを肝に銘じておきましょう。
(⇒返済プランの立て方

キャッシングの年利を正しく理解し、返済利子を割り出す数式指南!

借りれば利息が発生する事を忘れない

手軽に利用できることでキャッシングを利用する人は増加していますが、忘れてはいけないのが利息です。利息とは元金の金額と返済までの期間によって決まり、通常年間に換算した借入金額に対する割合によって表されます。この割合が年利と呼ばれるものです。

キャッシング商品の説明には必ずこの年利が記載されていますので、借りたことの無い人でもテレビCMなどで一度は目にしたことがある筈です。ですがこの年利から利息を計算したことがある人は、どのくらいいるでしょうか。

キャッシング年利というものを知る

通常借入する場合、月々の返済金額を見ている場合がほとんどで、実際に年利の意味を理解して自分で計算した事のある人は非常に少ないのではないでしょうか。しかしそれではたとえ過払いが発生していても自分で見抜くことが出来ないことにもなりかねません。法改正でグレーゾーン金利が無くなったとは言え、自己管理を怠って良い理由にしてはいけません。
(⇒過払いは何故起こる?

年利を理解して一度は自分で利息の計算をしてみることによって、騙されたりしないためにお金を借りると言うことの仕掛けを勉強しておくことも必要ではないでしょうか。その為に、後述にて計算式も用意しております。

それでは1度年利から利息を計算してみましょう。簡単な計算という事で10万円を、年利10%で借りたとして30日で一括返済したと仮定してみましょう。年利ですから365日借りたとして10万円の10%ですから365日後には10万円×10%の利息が発生します。しかし借りたのは365日のうちの30日ですから、実際の利息は÷365日で一日分を計算し×30日で借りた期間分が計算できると言うことになります。そこで利息を計算して見ます。

    10万円(元金)×10%(年利)÷365日×30日=821.9…

したがってこの場合の30日間の利息は822円となり、30日目の元利合計の返済金額は100,822円となります。

では自分でもう一度元金を変えて計算してみてください。このようにして表示されている年利から、実際の利息を計算出来るようになりました。これで年利の意味が理解できたと思います。そして年利が理解できたところで、実際のキャッシング商品の説明資料を読んでみましょう。だいたい言っている事が理解できるようになったと思います。

年利の把握は他の金融商品でも役立つ

キャッシングに限らず様々な金融商品も年利さえ分かれば、基本的なことは分かるようになります。注意が必要なのは例えばキャッシング商品によっては無利息期間などが設定されている場合があるため、年利が表示されている場合でも、実際には利息がかからない場合もあったりします。このためそれぞれの金融商品の特徴を良く理解しておく必要があるのです。
(⇒キャッシングの無利息期間って何?

年利を理解することで、実際の返済総額を自分で計算できるようになるため、様々なパターンで借入のシミュレーションを行ってみると良いでしょう。慣れてくれば自分に合った借り方、返し方を考えてみても良いのではないでしょうか。

ちょっと待って!キャッシングでの債権整理を気軽してはダメな理由

手軽とて無計画に使うことは危険

小額のキャッシングからでもずさんな返済計画で返済不能に陥り、多重債務を負ってしまうこともそれほど珍しい時代ではなくなってきました。一般にも普及したキャッシングですが、便利の対価はきっちり発生しているという事ですね。

まともな場所で借りられないとなると結局行き着くところは闇金ということになりかねず、頭を抱えている人もいるのではないでしょうか。しかし、日本においてはこういった場合のためにいろいろな救済方法が整備されています。そのうちの一つに債権整理がありますが、実施するのは素人では無理で、弁護士に相談する必要があります。万が一の為に覚えておきましょう。
(⇒闇金融に頼ってはならない理由

債権整理を決断する前に

債務整理は正式に言うと、裁判所において債権者(貸し手)と債務者(借り手)が話し合って返済方法などを決めることを言います。これには債務者の状況に応じて次の4種類があります。

債務整理の方法の1つ目は任意整理と呼ばれるものです。任意整理は裁判所には行かず、債務者の代理人である弁護士と債権者との間で行われる債務整理の方法です。

これにより利息制限法が適用され債務を減額して、長くて5年の返済計画がたてられる事になります。この方法は意見の集約が出来ず物別れになる可能性があります。

2つ目は特定調停と呼ばれるものです。特定調停は債権者と債務者が裁判所に行って、調停委員という人の下で債務整理を行う方法です。この方法も利息制限法の適用で債務が減額され、長くて5年の返済計画がたてられる事になります。この方法も意見の集約が出来ず物別れになる可能性がありますので、すぐに解決できると安易に使ってはいけません。

3つ目は個人民事再生と呼ばれるものです。個人民事再生は裁判が行われ、これによって減額された債務を3年間返済することで、残りは免除になる債務整理の方法です。上2つは物別れの可能性がありましたが、この方法にはありません。住宅ローンがあった場合はそれ以外の借り入れを整理して払う事ができますので、住宅ローンで購入した物件を手放す必要はありません。
(⇒住宅ローンの使いどころ

4つ目は自己破産と呼ばれるものです。自己破産は債務者が裁判所に申し立てて行われるもので、債務者の資産を返済に充てた後、残りの債務を免除する債務整理の方法です。一番確実にあらゆる借金を帳消しにできる方法ではありますが、その分資産は無くなり生活できる最低限しか自分には残りません。まさに最後の手段なのです。

債務整理は軽々しく使うものじゃない

どの方法を使うにしろ、社会的信用が堕ちるリスクが伴うことは言うまでも有りません。たとえ1万円のキャッシングと言えども自分の返済能力を見極め、余力を残した返済計画をたてた上で借りるようにしなければ、一度自己破産をしたとしてもすぐに二の舞になるでしょう。
(⇒計画性こそが借金完済の必須事項

今現在、多重債務を背負っている場合や返済に四苦八苦していて、闇金などに手を出そうと考えている場合には、身近な人に話してすぐに公的機関で相談するか、弁護士に相談してください。公的機関では無料相談も行っていますし、両者とも厳重な守秘義務がありますから、安心して相談できます。

家族にバレないでキャッシングを利用をするためのコツを伝授!

内緒でお金を借りたいという方へ

キャッシングをしたいけど、家族にばれるのが怖い…このような悩みを持たれている方は多くいるのではないでしょうか。キャッシングとはいっても借金には変わりありませんから、家族にばれたくないという気持ちを抱くのは当然のことのようにも思えます。

それゆえにキャッシングの利用を躊躇されている方も少なくはないでしょう。実際に、キャッシングというのは利用状況が一体どこまで伝わるものなのでしょうか?

キャッシングは秘密で借りる事ができる?

このような悩みに対する答えとして、結論から言えばキチンと返済することができれば、基本的にキャッシングを利用しているということが家族に知らされるということはありません。これは学生ローンであろうとも、レディースローンであろうとも同じことです。
(⇒学生向けのローンはあるの?
(⇒レディースローンは何が違う?

ただし、意外なところから家族にキャッシングを利用していることがばれてしまうといったケースは大いに考えられます。例えば、キャッシング会社から自宅に電話がかかってきた場合などがそうです。自分以外の人が電話に出てしまい、そこからキャッシングを利用しているといったことがばれてしまうことがあります。

最近ではキャッシング会社もこのようなケースを十分考慮して、携帯電話を通すことで個人との連絡を徹底したり、わざと会社名を名乗らないことで疑いをもたれないようにするなど、工夫を凝らしています。しかしこのような経路からばれる可能性がある、ということは一応知っておいた方がよさそうです。
(⇒キャッシング会社からの電話はどんなもの?

また、利用明細書が自宅に送られてきた際に他の人に見られてしまうことで、キャッシングを利用していることがばれてしまうケースもあります。こちらは先に挙げたケースよりもより顕著に見られる例で、このようなケースを防止するためには郵便物をこまめにチェックしたり、家の中のプライバシーを徹底したりする手段が考えられます。モラルの範囲の問題と言えそうですね。

また、最近では明細書を郵便物ではなく、インターネット経由で送信するサービスを取り入れたキャッシング会社も多くなってきました。家族に不用な心配をかけたくない場合は、このような手段をうまく使うようにしましょう。最終的にバレるかどうかは、本人の注意力次第となるのです。

キャッシングで多重債務に陥らない為に私達が出来る事を知ろう

キャッシングには危険性も無いわけではない

キャッシングはその手軽さから気軽に借りる人は多いと思いますし、そうした場合でも多くの場合はなんとか返済しています。自分好みの返済方法が選べるというのも、また使いやすいとされている点でしょう。
(⇒自分に合わせたキャッシング返済方法を選ぶには

しかし中には返済が難しくなり、返済のためにまたキャッシングを利用するという悪循環になってしまう場合があります。そして徐々に返済できなくなり、多数の金融機関の枠を使い切り、だんだん金利の高いもの、また怪しい金融機関を頼るようになって、最後は闇金にという道を辿ります。これが多重債務の中でも多いパターンとなっています。
(⇒闇金融業者を頼るのは危険

多重債務にならないために

以前は事業がうまく行かないなど、やむにやまれず多重債務に陥ることはありましたが、一般庶民とは少し違う次元の話しでした。むしろ、一般庶民が借り入れを積極的に使うのが珍しいくらいでした。

しかし最近ではキャッシングを使って簡単に抵抗感も無く借りてしまう人が増えて、普通の主婦でも多重債務に陥ってしまうこともそう珍しくは無くなってしまいました。したがって現在では誰でもが多重債務を負ってしまう可能性があると考えておいたほうが無難です。誰でも使えるという事は、使ってしまえば立場に関係なく負債を抱える事になります。
(⇒主婦が融資を受ける場合の注意点

お金が必要となる原因も、生活苦や大きなお金が動くギャンブルなど今も昔も変わらぬものもありますが、キャッシングの手軽さからか買い物依存症や通常ならそれほど大きな金額が動くことの無いパチンコの依存症など、以前では考えられないような事で多重債務を背負うことも珍しくなくなりました。誰でも使えるようになれば問題も増えてしまうということですね。

多重債務に陥る一番の原因は、事前の返済計画の薄っぺらさにあります。たとえ1万円の借入であっても、返す当てが無ければ借りるべきでは有りません。借りる場合には、まず借りる前に自分の収入と支出を考えて、月々いくらまでなら返済が可能かどうか充分検討しなければなりません。
(⇒借り入れを使うなら事前の計画が大事

その上で借入したい金額と金利を考慮して、月々の返済額を算出してみてください。この金額が返済可能金額を超えていたら借りるべきではありません。むしろギリギリであっても控えるべきでしょう。

では必要なお金を確保するにはどうすれば良いのでしょうか?まず何にお金が必要なのか良く考えてみましょう。生活を維持するために必要と言うのであれば、生活の質を落とすしかありません。家計簿などを付けると分かるのですが、意外と日常生活には無駄が多いのです。

ギャンブルと言う場合はきっぱり止めましょう。ギャンブルというのは生活に支障がない範囲で楽しむ娯楽であり、生活内に組み込むものではありません。生活におけるギャンブルの依存度が高いというのは、一種の病気の疑いすらあるのです。

便利なキャッシングは自分次第でどうにでもなる

以上のようにキャッシングは便利ですが、多重債務に発展しかねない危険性もあります。ただ、お金を借りることは悪いことではありませんし、返済計画をしっかりたてて、多少余力を残して返済できるのであれば、あなたの生活の幅を大きく広げるもう一つの財布となってくれるのです。

もし多重債務を追う可能性があったら、自分だけで悩まないですぐに身近の人に相談するか、公的な相談窓口を利用するようにしてください。有料無料問わず相談できる場所はたくさんあるのです。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 >