キャッシング

知りたい・知っておくべきキャッシング情報が満載!!

キャッシングローン

キャッシングローンの基礎知識

お金が必要なあなたやキャッシングでお金を借りようと思っているあなた。まずはキャッシング(お金を借りる)という事がどういうことなのか基礎知識を学びましょう。お金や借金で失敗してしまわないため事前に情報を知ることはとても大切です。



キャッシング 審査

キャッシングの申込み・審査について

初めてキャッシングをしようとしている方の多くが申込や審査についての悩みや不安を抱えています。どうやって申し込めばいいのか、自分は審査に通るのか?在籍確認ってなに?そういった初歩的なことからキャッシングにおける審査の詳しい話まで解説します。



キャッシング 無利息

即日や無利息のキャッシングについて

即日キャッシングや無利息キャッシングなどの魅力的なサービスを謳うキャッシング会社や消費者金融もあります。しかし本当に今日お金を貸してくれるのか?無利息なんて嘘だ!?と思うかもしれません。即日や無利息の気にある話題にお答えします。



キャシング 返済

キャッシングの金利や返済について

借りたお金は返すのが人として当然です。当たり前のことですがキャッシングだって借りた消費者金融や業者にしっかり返済しなくてはなりません。キャッシングしたさいの金利や年利の話し、また返済についての知っておきたい情報が満載です。



クレジットカード キャッシング

クレジットカードキャッシングについて

キャッシングは消費者金融や業者からお金を借りる以外にも、あなたの財布に入っているクレジットカードでお金を借りることもできます。手軽にできるクレジットカードを使ったキャッシングですが、思わぬ落とし穴や後々後悔してしまうことが多いようです。



キャッシング 情報

キャッシング業者・消費者金融の情報

大々的にテレビコマーシャルや広告を出している大手の業者から地域密着型のキャッシング業者まで消費者金融も多種多様です。そしてアナタに合った消費者金融もまたそれぞれです。キャッシング業者の特徴や特筆するべき所を比較し借りる業者を検討しましょう。



キャッシング選びは金利の比較から!シンプルに最も重要な点を学ぶ

キャッシング選びに大切な事

以前はお金を借りるのはけっこう面倒な作業でしたが、最近ではある程度の金額であれば手軽に借りることが出来るようになりました。これらはキャッシングと呼ばれ現在では消費者金融系のほかに銀行系の商品も多数あり、選ぶのに困るぐらいです。
(⇒キャッシングが普及した理由

実際、あまりの多さにどれにしようか迷っている人もいるのではないでしょうか。これ等のキャッシング商品に限りませんが、お金を借りる場合に重要なのがやはり金利です。

金利の選択がキャッシング選びを大きく左右する

キャッシング商品を選ぶ場合には基本的には金利の低いほうを選びます。したがってまず各キャッシング商品の金利を比較するところから始めなければなりません。この場合、ランキングサイトを併用する事で効率的な選別が可能です。
(⇒キャッシングはランキングを参考に選ぶ

金利は経済情勢などによって変動し、キャッシング商品の場合も利用する時点の物を比較する必要があります。今現在は金利の上限が18%で、下限は3%が最安となっております。景気次第となりますが、これを踏まえて金利については検討してください。10%を切るようなら低金利と言えましょう。

そして金利と予定返済期間によって返済総額を計算して、比較してください。ただし金利は固定とは限りませんので、速やかに返済する場合は考慮する必要はほとんどありません。

ただ、長期に渡って返済する場合は金利が変動する場合も考慮が必要です。多くの場合一定の固定期間がおかれて、その後は変動金利に移行するという場合が多いようです。したがって景気動向などによって金利が上昇してしまったり、あるいは下降する場合もあります。カードを使ったキャッシングでは最初から最後まで金利が固定というのはほとんど存在してません。

下降する場合はラッキーと言えますが、上昇した場合は返済計画にも狂いが生じるので、多少の余裕を持った返済計画を立てる必要があるでしょう。またこの変動金利により当初の比較では固定金利型商品のほうが金利が高かったものが、金利の変動により当初低かった変動金利型の商品のほうが高くなってしまうといったことも有りうることです。

このため単純に当初の金利の比較だけで選択してはいけません。またキャッシング商品の中には金利が付かない無利息期間が有る場合があります。つまりはこの期間内に返済を終わらせれば金利を考慮する必要がなくなるというわけですね。

この無利息期間も各キャッシング商品によって様々ですので、掲げられた金利が多少高くても返済予定期間が無利息期間内であればこちらを選択したほうが有利なのは言うまでも有りません。
(⇒無利息期間の差について

金利と言っても見るべきところはたくさん

以上のようにキャッシング商品の選択の基本は金利ですが、金利には変動がありリスクを伴うこと、また商品によっては金利無しの無利息期間があることを加味して各キャッシング商品の比較を行ってください。

金利と一括りに言っても、低金利と高金利の二分化だけでは終わらないのです。

無職でも借りられる?仕事が無くても融資される境目はどこにある?

無職ではキャッシング利用は難しい

キャッシングの審査は、お金の返済能力があるか無いかを判断する為に行われます。その為、無職と言う収入が無い人へのキャッシングはほぼあり得ません。キャッシングというのはお金がない人向けのサービスである前に、返済能力の有無が問われるのです。

稀に借りられたというケースがありますが、これも条件をクリアしていなければならないので、完全な無職ならばキャッシングはほぼ無理と思った方が良いです。簡単に言うなら、収入の有無というのが一番多い違いでしょう。

無職になる事は現在の社会情勢ではあまり珍しくありません。会社の倒産を筆頭に、急に解雇されたり、やむを得ない状況で会社を辞めたりする人は意外に多いからです。しかしキャッシングの審査では安定的な収入を確保している人へ貸す事が大前提とされていますので、無職ならばキャッシングの審査を通過する事は難しい訳です。

無職でも使えないというわけではない

但し、最初にも記載した通り、無職でもキャッシングの可能性がない訳ではありません。例えば主婦(主夫)ですが、これは金融業界では無職と定義されます。安定的な収入がないからです。しかし、主婦(主夫)であってもキャッシングは可能です。
(⇒主婦がキャッシングで借りられた理由

それは配偶者に安定的な収入があるからです。この場合、本人に収入はありませんがパートナーから収入が安定的にあると審査では判断されます。その為、無職であってもキャッシングが可能になる訳です。

無職の代表として他にも高齢者や学生が挙げられます。高齢者には通常キャッシングは難しいですが、年金受給者であれば審査に通りやすいとされています。それは年金が審査的には安定的な収入を得ていると判断されるからです。

学生については二十歳以上であること、そしてアルバイトによる定期的な収入が見込める場合においては、借りる事が可能です。実質的に大学生以上の学生が、学生向けのキャッシングを利用することが出来るのです

無職が借りられるかどうかの関門とは

無職の人がキャッシングをする時、最大の難点になるのが審査で必ず行われる勤務実態の確認です

これは単純な方法で勤務先に直接電話を掛けられます。その際勤務していれば問題ありませんが、勤務していなければ安定した収入が得られないと判断されてしまいます。だからこそ、無職の人の多くは審査で落とされてしまいます。

この対処法として派遣会社などに登録する方法があります。こうすれば勤務先に電話をされても問題がなくなりますので、無職であったとしてもこの方法なら、借りられ可能性は格段に上がります。但し、派遣社員も非正規雇用となりますので、限度額に関しては十分な額の用意が難しいと思っておいた方が良さそうです。

水商売はキャッシング審査で不利に?職業による審査への影響を探る!

キャッシングに好ましくない職業って?

キャッシングが不利になりやすいといわれている職業の一つに、ホストやホステスをはじめとしたいわゆる「夜の仕事」があります。働くという事に貴賎は無いというのが事実ではありますが、やはり人心を惑わすというイメージの都合上、一般から見ても好ましい職業とは言えないでしょう。

そしてキャッシング審査に好ましくない理由としては、やはり職業が安定していないというイメージがあるからです。水商売は一般的に収入、雇用ともに安定せず、さらに支出も安定しないというイメージがあります。そのため、場合によっては審査に通るのが若干難しくなってくるのが実際のところです。

水商売は本当にキャッシングできないの?

かといって、何も水商売をしているとお金を借りることができないというわけではありません。収入が安定していることを証明できればそれほど不利になるということはありませんし、他社からの借り入れがなかったり返済履歴が綺麗だったりすれば、大手キャッシング会社でも通る可能性は高くなります。
(⇒今までのキャッシング履歴が審査の鍵になる

それに、そもそも水商売が安定しないというイメージが持たれているのは、店の方に責任がある場合が多いです。すなわち、経営が長年続いているような有名店に勤務していれば別段不利になるということもないようです。場合によっては一般企業に勤めているサラリーマンよりも借りやすい、ということもあります。事実として、水商売でも人気がある人の収入というのは、平均的なサラリーマンを大きく上回る人もいらっしゃいます。

水商売でも安定してキャッシングするために

つまりは店の安定した経営、安定した収入、借り入れの経歴がクリーンであることを証明することができれば、特に不利になることなくキャッシングを行えるということです。

大手のキャッシング会社から借り入れを行うことも十分に可能ですので、審査が甘いからといって、最初のうちから利率の高い金融業者を利用するのはなるべく避けるようにしましょう。返済のプランをしっかりたててから利用に移すのが、仕事に関わらないキャッシングをスマートに使いこなすコツです。

収入証明は何故必要?求められる場合の法則性を完璧に把握しよう!

キャッシングに必要な物

キャッシングに必要な書類は2種類に分ける事ができ、1つは本人確認証明でもう1つは収入証明です。キャッシングの審査には本人確認書類の提出は絶対ですが、収入証明については条件を満たさなければ必要ではありません。

収入証明書というのは何故必要なのか?収入を証明するものというのは分かっていても、何故必要なのかは分からないという人も多いので、その点について見ていきましょう。

収入証明書はどんな場合に必要?

収入証明が必要になる場合は主に2つあり、1つはキャッシング会社から100万円以上の融資を希望している場合です。これは金融機関にもよりますが、多くの会社は100万までなら収入証明書を原則不要としている場所が多く、その手軽さもキャッシングの魅力になっているからなのです。

口頭や書類記入での確認は、穿った見方をすれば不正ができてしまいます。現に多くの方が収入を若干多めに言ったり記載したりする傾向にあり、何故かと言うと見栄などではなく、年収が低いと借りられないかもしれない、借りられたとしても額が少なくなってしまうかもしれないと言った不安から言ってしまうと考えられています。

このように心理的な部分で人の発言は変化してしまうので、多額の借入時は証拠が必要となる訳です。100万以上のキャッシングが必要な場合は収入証明を用意しておきましょう。また、近頃は金融機関によっては200万まで不要としている場所も出てきているようです。

ここで注意としてお話ししておきますが、どのような背景があったとしても虚偽は審査でマイナスにしかなりません。年収や債務の状況は信用情報機関などに保有されていますので、虚偽はすぐに分かります。くれぐれも虚偽報告はしないようにして下さい。虚偽の記載が見つかった場合、あなたの信用情報は大きく損ねられる事でしょう。
(⇒審査で大事な信用情報について

2つ目は、自由業や自営業などのお仕事をされている方です。自由業とはフリーランスとも呼ばれ、近年ではノマドワーカーというかなり近しい存在も出てきています。
何故自由業などには収入証明書が借り入れ希望金額問わずに必要かと言いますと、普通の会社員の方が借り入れ審査の際に会社に本人確認を行う事で勤め先と収入の有無を把握できるのですが、自由業だとそれができません。

つまりは収入の存在というのが言葉だけでの確認では行えませんので、確定申告書控えなどが無いと、実質収入が確認できないという事になってしまいます。自由業の方は必ず該当の書類は保管しておき、いざという時に証明できるように自分で管理しておきましょう。

書類があっても審査に落ちる事はある

ただ、例え収入証明を提出しても審査には落ちます。あくまで用意する事で審査を「受けられる」だけである事に注意しておいて下さい。

住宅ローン審査にキャッシングは影響する?複数の負債を抱える問題点

キャッシングに対する負い目の正体

キャッシングは今日では誰でも気軽に使える融資方法として、かなり浸透してきた感があります。しかしその一方で、やはり未だに多くの人がキャッシングに対して抵抗を持っていることも事実です。

その理由はやはり借金をする、ということに対する負い目からではないでしょうか。借金をすると「本当に返せるのか?」といった心配と共に、社会における信用性が失われるのではないか、といった危惧の念もついてまわります。確かにそのような信用性の問題は、社会においてしばしば問われるものです。

キャッシングは住宅ローンにまで影響するのか?

ところで、多くの方が住宅を購入する際に一括ではなく、部分的に返済していく「住宅ローン」で購入を検討されるのではないかと思われます。ローンの申し込みはキャッシングと同じく、審査を通過する必要があります。その場合、キャッシングを利用していると不利に働くということがあります。

といっても、キャッシングを利用していればすなわちそれが不利に働く、というわけではありません。本人の年収額で返せる範囲でキャッシングを行っていれば、特別な場合を除いては不利に働くということはありません。

では、その特別な場合とは何でしょうか。それは毎月キャッシングを利用していたり、複数の会社からの融資を一度に受けていたりする場合です。そのような場合には本人の信用性が問われ、審査に通りづらくなります。
(⇒借入審査には信頼も見られている

キャッシングの利用は適度に行おう

キャッシングを気軽に利用すると、人生の大きな転機で思わぬ落とし穴にはまってしまうことがあるということです。キャッシングとはいえ、借金であるということには変わりありません。故に手軽に融資が受けられるといっても、そう頻繁に利用するようなものでもありません。利用は最低限に留め、計画的に利用したいものです。
(⇒計画的な融資を受ける為の基本とは?

特に住宅ローンの返済は毎月の負担が大きく、キャッシングと併用して返していく事はより困難となります。可能ならば、キャッシングを完済してからじっくりと住宅ローンを組んで返していきたいところです。

キャッシング利率も含めた借り入れの総合的な選び方って?

お金を借りる前に心得たい事

誰しもお金が要りようになる時はあるもので、足りないときに手軽で頼りになるのがキャッシングではないでしょうか。銀行で大げさに借りるほどじゃないけど、お金が必要…そんな多くの人が抱える金欠にマッチしているのです。

しかし常連の人はともかく、たまにしか使う機会の無い人には勝手が分からず、不利な条件で借りてしまう場合も少なくありません。昔のように暴利と呼ばれるようなキャッシング商品はなくなりましたが、それでもなるべく良い条件で賢く借りるに越したことはないでしょう。

そこでまずはどのようなキャッシング商品が有るのかを調査する必要があります。まずは各金融期間のホームページや、パンフレットを調べてキャッシング利率やそのほかの各商品の特徴を見てみてください。
(⇒金利以外の特徴が大事な理由

利率も含めたキャッシングの選び方

キャッシングするときにまずおさえておかなければならないのはキャッシング利率です。商品ごとの特徴と言うものが無ければ、なるべく利率の低いものを選ぶのが基本になります。

この場合現在では銀行系のカードローンが良い選択でしょう。消費者金融系のカードローンに比べて平均して金利が低く、何と言っても銀行系と言う事で安心感もありますし、初心者でも利用し易いのではないでしょうか。
(⇒銀行カードローンが初心者向けな理由

そしてキャッシング利率と返済予定期間を元に返済総額を計算してみましょう。返済期間が短ければ短いほどキャッシング利率による返済総額の違いは小さくなりますが、逆に長ければ長いほどキャッシング利率が響いてきます。したがって返済に長期間を要する場合は、よりキャッシング利率の考慮が必要になってきます。

しかし、基本的には利率の違いによって決めるのですが、キャッシング商品はこれだけで決めるのはもったいない場合があります。例えば消費者金融系のキャッシング商品には無利息期間というものが有る場合があります。1週間程度のものもあれば半年ぐらいのものもあり、この間に返済を済ませればキャッシング利率はゼロとなり大変有利な商品となります。

その代わり、この期間が過ぎると銀行系よりも大幅にキャッシング利率は高くなる傾向にあります。このほかポイントプログラムを持つ金融機関の場合、キャッシングによってポイントが溜まっていく場合もあり、これを勘案すると実質的な利率が低くなる場合も考えられます。

これらの特徴も踏まえて借り入れを検討しよう

各キャッシング商品には以上のようにそれぞれいろいろな特徴を備えていますので、自分の生活実態に合わせて最も有利なものを選ぶことが重要です。幸いにして、今の金融業界には選択肢が非常に豊富です。

キャッシング利率は重要な判断材料ですが、それだけではないと言うことを覚えておきましょう。いずれにしても借りすぎには注意したいですね。

キャッシング返済は事前に計画を!最初から立てれば完済は揺るがない

キャッシングの便利さは問題もある?

キャッシングは使い方次第では大変便利ですが、便利さが仇となってついつい借りすぎてしまうことも少なくありません。これが未だに多重債務にて破産している人が居る理由の一つでもあります。
(⇒多重債務から見る借り入れの利用方法の問題

借りる前には利用目的をはっきりさせておき、どうしても必要性のあるものだけに絞って、無理の無い返済計画をたてた上で借りるようにしましょう。計画も無くその場を乗り切るために後先考えずに借りるようなことをしてはいけません。

返済計画構築で安定して返済を続けよう

では実際に返済計画を立てて見ましょう。まず必要なことは本当に借りる必要があるのかを検討することです。必要があるとして最低限いくら必要なのかを正確に計算してください。これは返済シミュレーションなどを使う事で、計算が苦手な方も楽に行えます。

次に仮の返済期間を設定して、キャッシング商品毎の返済総額を計算します。ここで注意が必要なのはキャッシング商品毎の特徴を良く理解しておくことです。たとえば金利は高くても無利子の期間有ったりして有利に働く可能性もあります。それを踏まえて、金利以外でも最適な自分の為の融資方法を探します。
(⇒金利以外もキャッシングにおいて重要な条件

返済総額が出たら月々の返済額が分かりますから、それが自分の収入から返済可能な額かどうかを調べてみます。無理な場合は借り入れの金額や返済期間を考え直してもう一度計算してください。この手間を惜しむと、後で泣きを見る事もあります。

返済が可能と判断した場合は、もう一度返済期間を考えてもう少し短期間では無理かさらに計算してみてください。多少の余裕を見て返済金額が設定できるところで計算は終わります。計算が終わったら、候補となるキャッシング商品をピックアップしておきます

次にピックアップしたキャッシング商品の中から、返済総額、返済期間が最も自分に合っていると考えられるキャッシング商品を選びましょう。問題なのは、様々な事項について判断する場合に、第三者的な目で見ることができるかと言う事です。

第三者支店から見ると、どう考えても無理な返済計画としか見えないものが自分では様々な部分で良いように判断してしまい、なかなか客観的な目で見ることが出来ないことは良くある事です。

できれば自分自身で判断するのではなく、最初から身近な人に相談に乗ってもらったほうが安心できます。小さい金額なら良いかも知れませんが、大きい金額の場合は絶対に自分だけで判断することは避けてください。できれは自分にずけずけとものが言えてかつ、親身になってくれる人が良いと思います。ここで無理だと判断された場合もう一度、最初からやり直しましょう。専門家の意見も聞ければさらに盤石となるでしょう。

最後に無駄遣いの確認を

また借入額が返済可能な金額だとしても、利用目的としては生活上必要なものに限定しましょう。

例えば遊興費などは、借りてまで支出するものではありません、特にギャンブルなどには決して使うことの無いようにしましょう。際限なくお金が使えるものに借り入れを使うと、あっという間に借金地獄に突入してしまうのです。

融資の為にキャッシング審査を通過する3つのポイントを押さえよう!

融資を受けるまでに必要な事

キャッシングを利用したいといってもお金を借りるわけですから、会社としてもまるっきり信用できない相手には貸すことができません。これはいきなり知らない人にお金を貸してと言われるようなものですね。

そのため、融資を受けるには審査を突破することが必要になってきます。審査の際に会社側は利用者のどこをみているのか?という点に的を絞って、今回は見ていきましょう。
(⇒キャッシング審査で見られる点とは

キャッシング審査を突破するために

キャッシング審査で見られる点として第一にあげられるのが、収入と職業です。言うまでもなく収入、職業ともに安定している方が、キャッシング審査には通りやすいです。

例えば大手の企業に勤務しているサラリーマンや、公務員、特殊な資格を有する医者や弁護士は、比較的この審査に通りやすいといえるでしょう。逆に、年金暮らしの方やフリーター、学生、主婦はここで不利に働きやすいとされています。ただ、不利だから全く借りれないというわけでもありません。
(⇒主婦がキャッシングする場合に必要な事

キャッシング会社は「安定」を見て信用を計っています。そういう意味では家を持っているか、車を持っているか、結婚はしているか、子供はいるか、といった点も審査の対象になります。要は家庭を持っているか否かという事ですね。

言うまでもなく、全てないよりある方が有利に働くものです。安定した家庭は、個人の返済能力をはかる際にも一つの目安となります。ただ、家を持っていたとしても支払いが終わっていない場合や子供が多い場合は返済に充てられるお金が疑問視され、有利とは言えない状態になることもあります。

キャッシング初心者の方ならば関係はないのですが、他社からの借り入れ履歴も審査に大きく響きます。例えば返済期間が延び、他社からすでにブラックリスト登録をされてしまった人などは、これによって落とされる可能性が非常に高いです。
(⇒ブラックリストはお金が借りれないの?

また、他社から既に借り入れがある場合はその金額の大小よりも、いくつの会社から借りているか、といったことが問題にされるようです。一社から50万円借りている場合と4社から10万円ずつ借りている場合なら、金額は少なくとも後者の方が不利に働くようです。

審査を受ける前にある程度内容について知っておくと有利に

キャッシングを利用する前にはキャッシング会社の審査の規定を知っておき、あらかじめ対策を立てた上で審査に臨めば、借り入れを行える可能性は高くなるでしょう。

但しあくまで審査は受けてみるまでは結果は確定しませんので、頭でっかちになって必ず受かると過信しないようにして下さい。

キャッシングに保証人は必要?保証人の定義と共に検証しよう

借り入れには保証人が必要

一般的にお金を借りる場合、保証人が必要となります。しかしキャッシングには保証人が必要ありません。ただその分、金利が高い事が特徴として挙げられます。これは無担保ローンに共通する点と言えるでしょう。

一般的に保証人を立てるのは住宅ローンなどで、額も大きい為、もし本人が返せない状況などになった場合は、その保証人に債務は移行し返済が行われる訳です。それゆえに身内であっても保証人になる事を拒むケースが多いのです。
(⇒住宅ローンの特徴とは

保証人には家族や友人などに頼むケースが多いですが、本人が返済できない状況になればその人達に債務返済の義務が移行しますので、くれぐれも慎重に考慮して下さい。保証人に支払いを任せるような状況になると、往々にして債務者は冷たい批判を浴びる事になります。

保証人の概念とは

但し、これは返済の義務が本人から無くなるという訳ではありません。返済できなくなる状況は様々あります。例えば事故などで働く事ができなくなったり、会社の倒産などで収入が途絶えたりする場合です。この時、全く貯えが無かったり、バイトなどで補填を一切得なかった場合は収入がない訳です。故に事前の備えというのも借り入れにおいて大事なのです。

不況で職を失う人は増えていますので、最近このような状況になる人は増えています。ただ、その場合もお金を借りた会社と相談し返済計画をしっかり立てれば、直ぐ保証人に返済要求される訳ではありませんので安心して下さい。どういった状況でも返済義務を忘れず、難しくなったらまずは相談して今後の計画を立てて下さい。
(⇒返済計画はしっかりと事前に用意しておこう

その点キャッシングには、このような煩わしい保証人などの手続きがありません。だからこそご利用は計画的にと言われるように、自己責任が常について回る訳です。便利なものというのは相応の対価があって成立しているのです。

保証人を立てると言うとネガティブなイメージを持つ方がいますが、あくまでも会社にとっての保険であり、それ以上でも以下でもないと受け止めて下さい。返済をしっかり行えば保証人に迷惑を掛ける事は一切ありませんし、連絡もいく事がありません。借りた人がしっかりすれば、保証人の方の生活には全く影響がありません。

保証人と連帯保証人は違う?

よく保証人と連帯保証人の違いについて混同している方がいるので、ここで区別しておきますが、保証人はあくまでも保険であり、返済義務は借りた本人にあります。一時的に返済できなくなった場合や返済を拒否した場合などは、まず本人に対して法的な処置が適応されます。支払い要求であったり差し押さえなどは、保証人よりも本人が先にされる訳です。

連帯保証人は保証人と違い、責任が同等とみなされています。つまり、保証人と違い法的な責任も本人と同じように受けなくてはいけないのです。保証人にはある程度の主張が認められ、借りた本人に対しての処置を要求する事ができますが、連帯保証人はそれが一切できません。よりなってもらうのには事前の信頼と返せるという能力が見られることでしょう。

連帯保証人は保証人と良く混同されていますが、全くの別物です。この2つの区別をしっかり把握して、頼む場合も請け負う場合も行動して下さい。

キャッシングは金利以外も大事?他の項目から見つかる最適な融資!

基本を踏まえた上で

キャッシングは使い方によっては大変便利なものですが、借り方次第では自分の首が回らなくなってしまう場合も無いとは言えません

キャッシングを利用しようとする場合は、金利の低いものから選びます。これは基本ですが、商品の特性を良く知り、これに合わせて返済計画をたてることによって、金利が多少高くても得な場合もありますので、いろいろと調べたうえで利用するキャッシングを選びましょう。

金利以外も大事な理由

例えば銀行系のカードローンの場合、金利はだいたい4.8%程度からとなっています。金利だけで考えればこの銀行系カードローンが最も低金利で利用し易いと考えられます。途中で一括返済とか考えず毎月一定額を返済していくような場合には、この銀行系カードローンという選択が良いと思います。

しかしキャッシングの中にはこういうものばかりではありません。金利は10%近い場合でも半年間は無利子と言うものもあることも考えれば、返済計画で半年以内に返済を完了できるような場合には金利は高く設定されていても、無利子で借りることができると言うことになります。この無利子の期間があるキャッシング商品にも様々なものがあり、1週間や1ヶ月と言う場合もあります。自分の返済計画に沿って選べば良いでしょう。
(⇒無利息期間をフル活用して金利負担を減らすコツ!

この他にも様々な特徴をもつキャッシング商品が発売されていますので、まずはその特徴を理解する必要があります。借りる前にこの特徴を理解した上で先に返済計画をたてることが重要であり、最も考えなくてはいけないことは本当に借りないとだめなのかと言う点です。お金を借りることは悪いことでは有りませんが、基本的には借りずに済ますことが一番です。ですからまずは家計の現状を良く見直して、できれば借りずに済ませて借りるとしても最低限にするようにしましょう。

こうして借りる金額が決まったとして、仮の返済期間を決めてみましょう。そしてこの返済期間で様々なキャッシング商品の特徴を勘案して比較しそれぞれ返済総額がいくらになるかを計算して見ましょう。次にいくつか返済期間を変えて計算してみて、最も自分の生活に影響が出ないものが最適なキャッシング商品となります。お金を借りる場合は『無理をしないこと』というのが最優先なのです。

金利以外もしっかり見直そう

このようにキャッシングを利用する場合、表向きの金利だけで安易に判断して決めるのではなく、良く検討したうえで実質的な金利と返済総額から選んでください。無利息期間があるけど期間終了後は金利が高い…というのが良い例ですね。

そして、自分の経済力から言って無理な場合は別の方法を考えなければなりません。決して無理な計画をたてるようなことをしないで、楽にとは言いませんが、返済可能な範囲で借りることが重要です。
(⇒確実な返済プランを考えてみよう

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 >