キャッシング

知りたい・知っておくべきキャッシング情報が満載!!

キャッシングローン

キャッシングローンの基礎知識

お金が必要なあなたやキャッシングでお金を借りようと思っているあなた。まずはキャッシング(お金を借りる)という事がどういうことなのか基礎知識を学びましょう。お金や借金で失敗してしまわないため事前に情報を知ることはとても大切です。



キャッシング 審査

キャッシングの申込み・審査について

初めてキャッシングをしようとしている方の多くが申込や審査についての悩みや不安を抱えています。どうやって申し込めばいいのか、自分は審査に通るのか?在籍確認ってなに?そういった初歩的なことからキャッシングにおける審査の詳しい話まで解説します。



キャッシング 無利息

即日や無利息のキャッシングについて

即日キャッシングや無利息キャッシングなどの魅力的なサービスを謳うキャッシング会社や消費者金融もあります。しかし本当に今日お金を貸してくれるのか?無利息なんて嘘だ!?と思うかもしれません。即日や無利息の気にある話題にお答えします。



キャシング 返済

キャッシングの金利や返済について

借りたお金は返すのが人として当然です。当たり前のことですがキャッシングだって借りた消費者金融や業者にしっかり返済しなくてはなりません。キャッシングしたさいの金利や年利の話し、また返済についての知っておきたい情報が満載です。



クレジットカード キャッシング

クレジットカードキャッシングについて

キャッシングは消費者金融や業者からお金を借りる以外にも、あなたの財布に入っているクレジットカードでお金を借りることもできます。手軽にできるクレジットカードを使ったキャッシングですが、思わぬ落とし穴や後々後悔してしまうことが多いようです。



キャッシング 情報

キャッシング業者・消費者金融の情報

大々的にテレビコマーシャルや広告を出している大手の業者から地域密着型のキャッシング業者まで消費者金融も多種多様です。そしてアナタに合った消費者金融もまたそれぞれです。キャッシング業者の特徴や特筆するべき所を比較し借りる業者を検討しましょう。



キャッシングに必要な書類の2種類を把握し、スムーズな申し込みを

キャッシングに必要な書類と言えば

キャッシングに必要な書類は大きく2つに分けられます。1つは本人が確認できる書類で、もう1つは収入を証明する書類です。それ以外の書類は、キャッシングの場合ほぼ必要ありません。事前に用意しておくことで、スピーディーな審査が可能となります。

二つの必要書類の解説

1つ目の本人確認ができる書類は、一般的には運転免許証の提示になります。多くの場合キャッシングの窓口は無人機でのやり取りになりますので、免許証を無人機で読み取り終了です。あとは別途用意されている書類に記載していく作業となります。この際、年齢や収入、居住年数や家族構成、勤務実態などを確認されます。
(⇒借り入れ審査で見られる点とは?

もし免許証を持っていない場合は、それに代わる証明書が必要になります。普通は保険証やパスポートなどがそれに該当し、社会保険証だと仕事の証明にもなるので何かと有利です。また引っ越しなどでそれらの証明書と住所が違う場合もありますが、その場合は付随して現段階の住所が確認できる書類も必要となります。

公共料金の請求書や領収書、住民票などが該当するので、用意しておく必要があります。注意点として6ヵ月以内の期限がありますので気を付けて下さい。これらの取得するにはいくらかの費用が必要な場合がありますので、あまりお金に余裕が無い時は注意して下さい。

2つめの収入証明書ですが、これは借りる額によって必要の有無が変わります。大体の金融機関において借り入れの希望額が100万円を超える場合と、自由業など給与の証明が難しい仕事の場合です。

キャッシングは総量規制によって年収の3分の1以上の借り入れができません。その為、複数のキャッシング会社から借り入れがある場合は年収の3分の1を簡単に越えるくらいでないと、多重債務に陥って返済が不可能になってしまう事も考えられます。
(⇒多重債務に陥る前に

ゆえに返済能力の面で不安を残す要素となるので、実際の収入証明書を確認する必要が出てくる訳です。書類は源泉徴収書、確定申告書、給与証明書(直近2ヶ月+1年の賞与証明書)などです。どれも最新のものを用意して下さい。

証明証を用意しておくとスムーズに借りやすくなる

キャッシングに必要な書類は、始めて利用される場合は本人確認ができる書類のみの場合が多く、複数からキャッシングされている場合は、それプラス収入証明書の提示が必要となる場合が多いと覚えておくと手続きを素早く終える事ができます。

急ぎの融資を求めるならば、より事前の準備が重要ということですね。

キャッシングの悩みはどこで相談出来る?一人で悩まない為のサービス

なかなか話せないキャッシングの悩み

お金の問題は、家族や友人にもなかなか相談しづらいものです。実際にキャッシングを利用しなければならない背景にも、ただならぬ理由があることが多いのではないでしょうか?

いざキャッシングを利用せざるを得ないとなっても、やはり不安は付きまとうものです。お金に関することですから、相談に乗ってくれる人がいれば…と考える人も多いですよね。

キャッシングの相談方法色々

上記したような「相談」という面から見ても、大手のキャッシング会社はお勧めできます。大手のキャッシング会社であれば、いわゆるキャッシングカウンセラーと呼ばれるサービスが充実している場合が多いです。これは窓口などで問い合わせれば比較的すぐに対応してもらえるでしょう。

身の回りに相談できる人がいなくても、このようなサービスを利用することでかなり計画的に、有効にキャッシングサービスが利用できることでしょう。実際に相談専門の方に話す方が、知り合いに話すよりも有効かつ気軽な相談ができやすいです。

数ある企業の中でも、この点においてお勧めしたいのはアコムです。アコムは業界の中でもキャッシングカウンセラーのサービスが充実していることで知られているので、初心者にとっては最も安心できる企業の一つと言うことができます。CMのキャッチフレーズである「初めての、アコム♪」というのはあながち間違いではありませんね。
(⇒初心者に優しいアコムの特徴

また、アコムは借り入れ診断というサービスも行っています。ネット上で必要な情報を入力すると、なんと3秒で融資可能かどうかの事前チェックがうけられます。これでもしも受からない場合の申し込みの手間を大きく省けますので、まずは試すだけでも価値がある機能でしょう。
(⇒事前審査で申し込みの無駄を無くそう

借り入れは事前の行動も大事

このような情報を事前に与えられることで、キャッシングに対する悩みが解決されたり、解決の方向性が見えてきたりすることも多いです。今回紹介したサービスが充実しているのも、アコムが長年キャッシング業界において根強い人気を保っている理由の一つになるでしょう。

お金の問題である以上、キャッシングは安全に行いたいものです。もし困ったことがあれば、一人で迷わずキャッシングカウンセラーなどのサービスを利用し、疑問を無くしてから融資を受けに行きましょう。

コンビニキャッシングで借入も楽々!身近で楽に借りられる方法紹介!

コンビニを利用したキャッシング

コンビニキャッシングとは、その名が示すとおりコンビニで行うことができるキャッシングサービスです。何もコンビニの店舗と契約して借りる事ではありません。

最近はキャッシングもどんどん便利になり、一部のキャッシング会社はコンビニから借り入れを行うことができるようになりました。24時間利用が可能なコンビニキャッシングは、利用者にとって大変便利なものですので、いざというときはコンビニからでも借りられると胸に刻んでおきましょう。

便利なコンビニキャッシングを活用する

コンビニキャッシングが利用できるコンビニエンスストアは全国様々で、最も有名なところではローソン、ファミリーマート、セブンイレブンなどです。キャッシング大手であるアコム、レイク、モビットなどのキャッシングサービスが利用可能ですが、コンビニによって対応しているサービスが若干違ってくる場合があるので、その点は注意が必要です。
(⇒アコムで安定した融資を受けよう
(⇒消費者金融老舗のレイクの利点とは?

コンビニキャッシングは24時間利用が可能であるという、圧倒的な長所があります。さらにコンビニでキャッシングを行うと、傍目から見ればキャッシングをしているとばれにくいという長所もあります。もしキャッシング会社の建物から出てきたところで知人と鉢合わせ…なんてことになったら誰しも少しの気まずさは感じるはずです。しかし、コンビニであれば分からない以上、そのような気遣いは無用だといってもいいのではないでしょうか。

コンビニキャッシング可能かどうかは選ぶ基準にもなり得る

また、コンビニキャッシングを利用した場合、手数料が安く済む場合が多いといった利点もあります。コンビニキャッシングの際の利用手数料を事前にチェックしておきましょう。

コンビニキャッシングに対応しているかどうか?といった視点も、キャッシング会社選びの際には一つの基準となるのではないでしょうか。大手ならだいたい対応しているものですが、念の為にこの点のチェックは欠かさない方が良いでしょう。

低金利キャッシングは銀行カードローンで!人気の融資方法を学ぶ

キャッシングは低金利が理想

キャッシングには様々なものがありますが、通常は返済時の負担を考えて低金利のものを探します。その中でも銀行系のカードローンは銀行系と言う事で安心できますし、最も低金利でもあります。消費者金融系のものでも比較的低金利のものがありますが、イチオシということであれば間違いなく銀行系のものがお勧めです。

低金利が魅力の銀行カードローン

カードローンは契約時に設定した貸し出し限度額以内で、銀行のATMなどからカードを利用して借り入れするものです。カードは通常利用している普通預金のキャッシュカードを併用する場合と、専用カードを発行するものがあります。専用カードを使う場合は預金口座を持っていない場合でも利用することが出来ますので、返済口座は別で借り入れを行いたいならここで…というように、利用ロケーションに合わせて使い分けが可能です。

カードローンは、担保が無い場合でも利用できる無担保型と、不動産や有価証券などの担保が必要となる有担保型があります。利用用途は自由になっていますが、個人事業主がこれを事業資金として使うことは出来ません。事業資金として利用する場合は個人事業者向けのカードローンが用意されている場合もあります。基本的にはカードを使うローンの大半は無担保であり、有担保ローンとなると住宅ローンなど、大きな融資が必要なタイプが多いです

銀行系のカードローンの保証は保証会社が行うことになっているため、借り入れに当たっては保証人の必要ありませんが、そのかわり銀行と保証会社の両者の審査を受けることになります。返済は通常リボルビング払いで行われ借り入れ分がなくなるまで、毎月指定日に口座振替で引かれることになります。返済が滞ると債務は保証会社が弁済するため、以後は保証会社から取立てを受けることになります。
(⇒返済を滞らせることの問題

銀行系カードローンの良い点としては、消費者金融など他の貸金業者のローンよりも低金利と言う事や、銀行によっては残高不足となっても契約時に設定した限度額内で自動融資が受けられたり、カードの利用による特典が受けられる事などがあります。また悪い点としては審査が厳しく遅い場所が多いために、即日融資などのスピード重視の対応で消費者金融に劣るという面が気になりますね。
(⇒即日融資はどこを頼るべき?

注意すべき点については、まずは当然返済計画を充分検討してから借りることが重要になります。返済が遅延した場合、たとえ1日であっても遅延損害金が発生しますし、残高内なら自由にカードにより貸し出しができる為、カードの管理には充分注意する必要があります。借りる前には契約書の悪用された場合の補償について必ず確認しておく必要があります。保障に関してはあまり期待せずに、紛失しない事を優先で考えて下さい。

銀行カードローンも利用は慎重に

お金を借りることは悪いことではありませんが、あとになって自分の首が回らないようになるようなことのないように、まずはどうしても借りる必要が有るのか、必要最小限度はどの程度なのかを良く検討して、自分が返済できる範囲で借りるようにしましょう。

銀行カードローンの金利負担が低めとはいえ、少なからず金利が発生し、返済を圧迫している事実は忘れないようにしたいものです。

キャッシング審査に年齢は関係する?年代によって考えたい向き合い方

キャッシングの気になる年齡との関係

キャッシングには返済義務が必ず付きます。その為、返済能力の有無を事前の審査で確認する訳ですが、一般的には20代から30代の年齢の人が最も評価されるとされています。所謂働き盛りですね。

良く年齢が高ければ良いと言われますが、中高年の層は家のローンや税金などで出費がかさみ、自由にできるお金である可処分所得が意外に少ないと判断され、あまり高い評価が得られない事があります。

借り入れと複雑に絡む年齡の折り合い

年齢については低すぎても高すぎても不可だと言われています。未成年や高齢者にあたる層は、普通働けない層、働いていない層として認識され、収入が安定しないと思われています。その為、20代から50代に該当しない場合、キャッシング会社は審査を厳しくします。そもそも、二十歳以下の未成年は普通のキャッシング会社の利用すらできませんね。

収入の安定者でなければ、基本的にキャッシングは難しい訳です。ただ、これはあくまでも一般的判断であり、業者によっては主婦やアルバイトでも積極的にOKしてくれたりするので、用途によって自分に適したキャッシングを選ぶようにすると審査には有利です。
(⇒自分にマッチした申し込み先を探そう

結局年齡はどこまで影響するのか?

年齢はキャッシングの審査の面で見ると、実はさほど重要な要素とは言えません。あくまでも返済能力を見る上で参考として確認される程度です。例えば20代になったばかりだと収入の面で安定していないとされているので、評価的には低いので他の審査が厳しくなります。

20代半ばの場合は、年収や勤務実態があればほぼ問題なく審査は通ります。30代についても20代より高い収入や勤続年数などで安定した収入を得られると判断され、審査に通過しやすいとされています。実際、一番借り入れを使っている年代が多いのが30代なのです。但し、30代になると結婚や家族を養うなどの要素が発生する為、独身で無い場合は若干審査が厳しくなります。

40代以上は20代や30代に比べ、出費が意外に掛かる世代と認識されています。一見高い評価を得られそうですが、可処分所得の面で見ると不安が見られる為審査が厳しくなる訳です。このように年齢の審査は、可処分所得の余裕を見る目安として用いられているのです。

総量規制で何が変わる?キャッシングにおける制限の法則を知る

キャッシングには制限がある

キャッシングを受ける際、年収と密接に関係してくるのが総量規制です。総量規制とは従来それぞれのキャッシング会社で借入額を決めていたものを、その時点での債務を合算して審査に考慮し借入額を決定する方法です。かつて破産者が続出してしまった事態の収拾の為に決められた事でもあります。

総量規制で何が決まる?

例えばA社B社C社でキャッシングをしようとすると、Aは50万、Bは50万、Cは30万とそれぞれの会社で融資枠の限度額一杯まで以前なら融資が可能でしたが、総量規制によって一定の額までしか融資をしてはいけませんと規制され、Aで50万借りると、BとCではその一定額から差し引いた額しか貸せなくなった訳です。

例として総量規制で100万までとした場合だと、あと合計で50万しか借りられません。B社から50万借りれば当然Cからは借りれず、Cから30万借りれば、Bからは20万しか借りられないという具合ですね。

この一定額は人それぞれ違いますが、基準は年収の3分の1と決められています。例えば年収300万円ならば、融資額は100万円となります。この一定額の基準を基に融資額を決める規制を、総量規制と呼ぶ事になりました。

良く債務状況や勤務先の状況など審査に落ちた理由を考える人がいますが、単純に総量規制の為、キャッシング受けられない状態と言う事は多々あります。自分の年収と借りている金額をまずは確認し、後どれぐらいの融資が可能であるのか確認しておくと、融資額を決める際に参考となるでしょう。

総量規制に対応するために

この総量規制の為、キャッシングの審査では収入を証明する書類の提出が必要になる事もありますので、その際はキャッシング会社の指示に従って下さい。
会社に勤めていれば給与明細でも良いですが、自由業なら確定申告の控えが有効になります。

また主婦(主夫)の方が借りる場合は、配偶者の同意と婚姻関係を証明する書類の提出した上で、配偶者と本人の年収を合算した金額の3分の1が上限となります。但し、この場合はパートナーとの十分話し合ってご決断下さい。
(⇒主婦とキャッシングの関係

無利息で融資が受けられるオススメキャッシングサービス紹介!

無利息は何故成り立つ?

お金を借りれば、利息が発生するのは当たり前です。キャッシングはビジネスですから、利子がつかないのならその意義が根本から崩壊してしまいます。しかし、意外にも無利息で融資を行うキャッシングサービスが存在します

無利息と言っても当然相応のリスクもありますが、やはりそれを差し引いても使う価値はありますので、それらについて効果的に使えるように解説します。

各無利息を効果的に使おう

例えば、新生銀行グループに属する「ノーローン」がその例です。「ノーローン」はその名が示すとおり、無利息融資を行っている会社であり、おそらく日本で最も有名な無利息キャッシング会社の一つでしょう。

「ノーローン」の特徴は「何度でも一週間無利息融資が可能」であることです。その代わり利率は9.5~18.0%と一般のキャッシング会社に比べると少し高めに設定されています。しかし、この水準は無利息融資の水準からすれば決して高いということはありません。

同じく新生銀行グループに属する「レイク」も無利息融資を行っています。こちらは30日間の無利息融資となっていますので、単純な期間の長さなら上ですね。

また、5万円以内なら180日間の無利息融資も可能です。利率は4.5~18.0%となっており、女性向けのキャッシングサービスである「レディースレイク」でも同じサービスが行われているため、女性や主婦の方でも非常に使いやすいといえるでしょう。
(⇒女性でも安心して融資を受けるには

最後に、「プロミス」の無利息キャッシングサービスを紹介しましょう。「プロミス」は日本でおそらくもっとも人気のあるキャッシング会社であり、初心者の方にとにかくお勧めしたいキャッシングサービスです。

現在プロミスでは、30日間無利息キャンペーンを実施中です。プロミスポイントサービスへの加入が必要になりますが、6.3~17.8%という比較低い利率で30日間無利息融資を受けることができます。これは、無利息期間を差し引いてもなかなか悪くない条件と言えます。

無利息期間をより役立てるなら

給料日など、確実に収入が入るとあらかじめ分かっている場合は、このようなサービスをうまく使うことでキャッシングをより効果的に利用することができます。

具体的には『無利息期間内に返せる目処がある』時に借りれば、実質的な金利負担を0できるという事です。これは借り入れにおいて、見逃せない点でしょう。

ボーナス払いは使う?キャッシング返済にボーナスを使う場合の豆知識

ボーナスは返済に活かすチャンス

キャッシングはいざと言うときに便利なので使いたいですが、月々の収支はぎりぎりなので使うのをためらっている人は多いのではないでしょうか。不況の世の中においてお金が借りられるキャッシングは需要が多そうで、意外と持っていても躊躇している方が多いのです。

こんな時もしサラリーマンであれば、月々の給料とは別に通常年2回のボーナスを利用する手があります。ボーナスも使い道が決まっている…と言うような場合は駄目ですが、月々の返済はきつくてもボーナス時は何とかなると言う場合はボーナス払いを使って、キャッシングが出来る場合があります。

ボーナス払いで効率的なキャッシングを

ボーナスを使う返済方法としては、ボーナス併用の場合とボーナスだけの場合の2種類があります。ボーナス併用の場合は通常月の払いは小額にしておき、ボーナス月には高額な返済を行うような返済方法です。一番スタンダードなボーナス払いの形と言えるでしょう。住宅ローンのボーナス払いも比較的この形に近いです。
(⇒住宅ローンの返済方法指南

ボーナスだけを利用する場合は、ボーナス月だけ返済すると言うことになります。キャッシング商品にはこれらが利用できない場合や、どちらかしか利用できないものもありますので、ボーナス月をうまく利用したいと考えている人は、契約前に確認しておく必要があります。大抵ボーナス払いと言えば月々併用と思っておいた方がいいでしょう。

また特にボーナス月の規定が無い場合でも、一部あるいは全部の一括返済を利用することは出来るので、ボーナスで家計に余裕が出来ているのであれば、返済に回すことは可能です。

一括返済は通常の返済日以外でも可能ですので、返済できるのであればなるべき早く返済して、元金を減らすことによって利息を抑えることが出来ます。ですから契約時には考えていなかったけれども、ボーナス月をうまく使いたいと言う場合は一括返済を使うのも手段の一つです。
(⇒借りたお金を一気に返したいなら

ただし、注意することがあります。それは予めボーナスを見越してボーナス月の返済を増額したような契約をしている場合、景気動向と勤め先の業績によっては支給額が小額であったり、悪い場合は支給されないということもあって返済が非常に苦しくなることも無いとは言えません。

特に昨今の日本経済の状況では、まったく考えられないこととは言えません。ボーナス返済を利用する場合にはこういうリスクがあるということを予め覚悟しておき、出来ない場合は金融機関に相談したり、積み立ててあるお金で補填をしましょう。

安定したボーナスがあってこそ成り立つ返済方法

勤め先が大企業であったり、業績が右肩上がりと言う会社は別にして、少しでも前記のような危険性がある場合には、ボーナスが支給された段階で一括返済を行う方法を選んだほうが無難かもしれません。よく状況を判断した上でキャッシングの契約をして下さい。

お金を借りることは悪いことではありませんが、返済できないと言うのは良いこととは言えません。ボーナスを利用するにしても、よく自分の収支状況を判断した上で借入してください。ボーナスが支給されていても使わないというのも判断として正しい場合があるのです。

自分に適した場所こそ受かりやすい?借入審査の基準は複雑だった!

キャッシング審査における一般的な見解

銀行系の審査は厳しく中小企業や個人の審査は通りやすいとキャッシングの審査について一般的では理解されているようですが、多くの場合これは間違っています。どの審査であっても信用情報機関にあるデータを基に行われ、一定の審査水準は保たれているのが現在のキャッシング業界であり審査です。
(⇒キャッシング審査が甘いという認識を正そう

Aの会社が審査に通りやすいと聞いたのでAの会社からキャッシングを受けたのに、審査に落ちたとします。しかし、厳しいと言われていたBの会社には審査が通りキャッシングが受けられたといったケースは多々あります。何故なのでしょうか?

これはキャッシング会社の求めている客層の違いから起こる現象であり、審査が厳しいとか通りやすいといった曖昧な判断で行われている訳ではありません。厳しいかどうかで言えば厳しく、そして自分に合致した場所に申し込む場合、初めて緩くなると言えるでしょう。

複雑なキャッシング審査事情

例えばある会社では若い世代も返済能力があり、その責任を担えると判断したとします。その為、20代ならある程度審査水準を下げて確認し獲得しましょうとなった場合、この会社に応募した20代の人は他のキャッシング会社よりも、客観的見れば審査に通りやすい訳です。

キャッシング会社もお金を貸して初めて成り立つ仕事ですから、お金を貸さなくては商売になりません。しかし、返済されなければ本末転倒なので審査は当然厳しくなります。以前までの審査なら若い世代は安定収入も少なく、生活的な余裕も自制する事も弱いと判断され敬遠されていました。今考えると、最もキャッシングという借入方法を必要としていた年代を遠ざけていたとも言えますね。

つまりキャッシングには、ある程度の年齢が必要と思われていた時期があったのです。この頃に若い人がキャッシングの審査に申し込むと今より確実に厳しい結果になっています。ただ、不況の影響で中高年の状況も変化し、一概に返済に対して安心できるとは言えなくなってきました。喜べる事ではありませんが、キャッシング見直しの機会が訪れたのです。

そこでキャッシング会社によっては、若い世代の獲得を容認し進める会社が出てくる訳です。ようは繰り返しになりますが、審査には甘いとか通りやすいという抽象的な概念はなく、あくまでもキャッシング会社の求めている客層にマッチしているかどうか、という点に注目しておかなくてはいけないのです。

あまり審査に関する情報をあてにし過ぎない

なので人の話を鵜呑みにし、通りやすいという情報のみで動く事が無いようにしましょう。また、情報を集める際にはどんな世代や人が審査を通っているのか確認してみて下さい。ただ審査の通りやすいキャッシング会社選ぶのではなく、自分と同じような特徴の人が受けられたキャッシング会社を探す訳です。

それこそ自分にとって最も審査が通りやすいキャッシング会社です。探し方としては難しいですが、リサーチできれば有益な情報となるでしょう。

1ヶ月限定の無利息をフル活用する方に伝えたい、使いどきの考え方!

無利息の期間について考える

無利息キャッシングは期間を決めて無利息でお金を貸してくれるキャッシングサービスです。期間内に限定して使えば、金利0での借り入れと返済が可能です。

その反面、利率が若干高めになるのが特徴です。そこで気になるのがこの期間の長さですよね。もちろんこの期間は長ければ長い方が良いのですが、一ヶ月となるとなかなか難しいようにも思われます。

無利息期間は長くはない

一ヶ月無利息でお金を貸してくれるキャッシングサービスといえば、まずプロミスがあります。プロミスは日本で最も人気の高いキャッシングサービスの一つであり、その使いやすさから初心者の方にはとにかくお勧めしたいキャッシングサービスでもあります。
(⇒初心者にオススメのキャッシング会社の特徴

プロミスは現在30日間無利息キャンペーンを実施中です。他の無利息キャッシングよりも低い利率で、しかも30日間と言う長い間お金を貸してもらうことができます。条件として、プロミスポイントサービスへの加入が必要となりますが、長期的に借りて返済をする事も考えれば、そこまで大きな手間でもありません。

新生銀行グループに属する「レイク」も30日間の無利息融資を行ってくれます。「レイク」の場合、5万円までなら180日間もの間無利息で借り受けることもできます。

また、女性向けの「レディースレイク」でも同じサービスを行っているため、女性の方や主婦の方にとっての使い勝手も抜群です。女性向けの借り入れプランというのは、女性であれば優先的に利用をしていきたいところです。
(⇒女性なら女性に優しいキャッシングを使おう

限られたサービスは効果的なタイミングで使おう

これらのサービスは一度しか利用することができませんが、新生銀行グループに属する「ノーローン」なら期限が一週間と短い代わりに、何度でも無利息の融資を受けることが可能です

給料日を目前に控えたときなどは、非常に重宝するでしょう。このようなサービスをうまく活用することで、キャッシングをよりスマートに使いこなせます。時には複数のキャッシング使い分けも効果的になります。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 >