キャッシング返済に遅れた場合の対処

キャッシングで延滞してしまった場合の必要な対応を覚えよう!

キャッシングの避けたい事態

手軽に使えて便利なキャッシングですが、一歩間違うと困った事態になることを覚えておきましょう。お金を借りたら利子も添えて決まった期日までに返済するのは当たり前ですが、返済計画が定まっておらず返済日に返済できない場合、延滞が生じてしまいます。

これは実際にお金の都合がつかない場合やうっかりしていて入金を忘れ、口座引落しが出来ない場合など様々なケースが考えられますし、気が付いてすぐに入金するようなことも多くの人が経験しているのではないでしょうか。しかし、ちょっとしたうっかりでも遅延は遅延としてカウントされるのがキャッシングです。

キャッシングの返済を延滞するとどうなる?

延滞しても遅延損害金を払い、最終的にちゃんと完済できれば安心…と考えている人は多いと思います。しかし実はそう楽観してはいられないこともあります。お金を借りるという事は、様々な責任も背負っているのです。

日本では多くの金融機関が共通して利用している個人信用情報というものがいくつか存在していて、返済が滞ったような場合にはこの個人信用情報に記録されてしまいます。この記録が残ると他のキャッシングを利用しようとした場合に利用を拒否されたり、限度額が低く抑えられたりの影響が出てきます。

個人信用情報に記録されなかった場合にも、キャッシングをしている金融機関の系列銀行などには系列内で情報が共有されることになりますので、のちのち大きな金額の借入をその銀行に申し込んだ場合、審査が通らない可能性が高くなります。

このようにちょっとした不注意などで延滞してしまうと、その後の生活にもけっこう大きな影響が出てしまうことがあることを忘れてはいけません。お金を借りているときは充分注意することが必要です。当然、うっかりと言ったところで向こうが納得するはずもありません。

もし延滞してしまった、あるいは延滞が避けられないと判断したら、まずは金融機関に電話して誠意を見せましょう。この電話一本で相手への印象はかなり違ってきますので、これだけは必ず実行しておきましょう。大した金額じゃないから大目に見てくれるだろう、などと勝手に判断しないことが重要です。身勝手な行動は社会においてはどこも認めてくれません。

返済の延滞をしたら反省を忘れずに

返済時にお金が足りないということは、返済計画がずさんだったと言うことです。キャッシングを利用する場合、小額でも必ずしっかりとした返済計画を立てておく必要があります。自分の収入と支出を考えて、月々どの程度の額であれば返済が可能か、多少の余裕を見て判断することが必要です。ここで無理な判断をするとのちのち延滞することになります。

返済をうっかりしていて忘れた場合、返済方法の選択を誤ったと見るべきです。返済方法は口座引落しから、郵送まで様々な方法が選択できます。忘れっぽい人は口座引落しよりもかえって自分でアクションをとる振込などを選択しておいたほうが忘れないこともありますので、いずれにしても自分にもっとも適当と思われるものを選ぶ必要があります。
(⇒自分の癖を踏まえた返済方法

このエントリーをはてなブックマークに追加