キャッシングの金利は実は複雑?

キャッシング選びは金利の比較から!シンプルに最も重要な点を学ぶ

キャッシング選びに大切な事

以前はお金を借りるのはけっこう面倒な作業でしたが、最近ではある程度の金額であれば手軽に借りることが出来るようになりました。これらはキャッシングと呼ばれ現在では消費者金融系のほかに銀行系の商品も多数あり、選ぶのに困るぐらいです。
(⇒キャッシングが普及した理由

実際、あまりの多さにどれにしようか迷っている人もいるのではないでしょうか。これ等のキャッシング商品に限りませんが、お金を借りる場合に重要なのがやはり金利です。

金利の選択がキャッシング選びを大きく左右する

キャッシング商品を選ぶ場合には基本的には金利の低いほうを選びます。したがってまず各キャッシング商品の金利を比較するところから始めなければなりません。この場合、ランキングサイトを併用する事で効率的な選別が可能です。
(⇒キャッシングはランキングを参考に選ぶ

金利は経済情勢などによって変動し、キャッシング商品の場合も利用する時点の物を比較する必要があります。今現在は金利の上限が18%で、下限は3%が最安となっております。景気次第となりますが、これを踏まえて金利については検討してください。10%を切るようなら低金利と言えましょう。

そして金利と予定返済期間によって返済総額を計算して、比較してください。ただし金利は固定とは限りませんので、速やかに返済する場合は考慮する必要はほとんどありません。

ただ、長期に渡って返済する場合は金利が変動する場合も考慮が必要です。多くの場合一定の固定期間がおかれて、その後は変動金利に移行するという場合が多いようです。したがって景気動向などによって金利が上昇してしまったり、あるいは下降する場合もあります。カードを使ったキャッシングでは最初から最後まで金利が固定というのはほとんど存在してません。

下降する場合はラッキーと言えますが、上昇した場合は返済計画にも狂いが生じるので、多少の余裕を持った返済計画を立てる必要があるでしょう。またこの変動金利により当初の比較では固定金利型商品のほうが金利が高かったものが、金利の変動により当初低かった変動金利型の商品のほうが高くなってしまうといったことも有りうることです。

このため単純に当初の金利の比較だけで選択してはいけません。またキャッシング商品の中には金利が付かない無利息期間が有る場合があります。つまりはこの期間内に返済を終わらせれば金利を考慮する必要がなくなるというわけですね。

この無利息期間も各キャッシング商品によって様々ですので、掲げられた金利が多少高くても返済予定期間が無利息期間内であればこちらを選択したほうが有利なのは言うまでも有りません。
(⇒無利息期間の差について

金利と言っても見るべきところはたくさん

以上のようにキャッシング商品の選択の基本は金利ですが、金利には変動がありリスクを伴うこと、また商品によっては金利無しの無利息期間があることを加味して各キャッシング商品の比較を行ってください。

金利と一括りに言っても、低金利と高金利の二分化だけでは終わらないのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加