キャッシングの返済方法を使い分けるには

分割返済と一括返済を使い分けるキャッシング返済術を解説!

キャッシングは返済方法も選べる

キャッシングの返済方法としては、一括返済以外にも分割返済およびリボルビング払いによる返済があります。選択肢はありますが、借りる期間から利息を考えてみると、なるべく早い時期に一括返済してしまうことが最も有利です。
(⇒リボルビング払いで損をしない為に

ただし、これは返済できるだけの余裕が有る場合に限ります。余裕が無いのに一括返済して、結局またキャッシングしなければならないような状況での一括返済はお奨めできません。あくまで余裕が出来たときには返してしまいましょうと言うことです。ケースバイケースで使うように心がけましょう。

返済方法それぞれについて学ぶ

一括返済と言う場合にもいろいろな意味を持っているため、言葉の使い方に注意が必要です。少しの認識の違いで、大きな失敗を招く事もあるのです。

まず1つ目の意味としては、キャッシングの後に1回で返済する方法のことを一括返済と言います。この場合キャッシングを使う理由としては、入金の予定があるが当座の資金に困っている場合などが考えられます。サラリーマンで言えば、給料日までちょっとの間繋ぎたいというような使い方です。この時は無利息期間を利用できれば、金利負担0で完済する事も夢ではありません。
(⇒無利息期間の賢い利用方法とは?

次に考えられるのは、分割返済なりリボルビング払いなりを使っていたが、資金が出来たので一気に返しておきたいと言う意味の一括返済です。任意返済ともこれは呼ばれます。

これには計画に沿って返済していたが、予定外の収入があったような場合や、返済の傍ら順調に貯金などが出来た場合が考えられます。ただし、返済が残り1回で終わる場合には残りを一括して返済しても一括返済とは言いません。ニュアンス的なものですが、金融における認識の一つとして理解しておいて下さい。

実際にリボルビング払いの契約を交わしていても、ほとんどの場合一括返済を取り扱ってくれますので、資金が出来た段階で金融機関で相談してみてください。返済する期日までの利息で返済できるはずです。逆に一括返済の予定をリボルビング払いに変更することも出来る場合がありますので、必要な場合はやはり金融機関で相談してください。

さらに複数のキャッシングを利用している場合には、1つだけを一括して返済する場合も、全部を一括して返済する場合も、それぞれ一括返済と言う言葉を使います。一括返済する場合は全部を一括で返済するのは特別な収入が発生した場合を除いて難しいので、余裕の資金が出来たら、利息の高いものから一つ一つ一括返済していくのが無難な一括返済の形と言えます。

キャッシングの無利息期間を活用

前述の通りキャッシング商品の中には、無利息期間と言うものが有る場合があります。1週間の場合もありますし、半年と言うものもありますので、利用したいなら予め期間の確認をしておきましょう。

この期間を利用するつもりの場合は、期間内の完済が一番有効ではありますが、その後の金利も高くないなら最初のスタートダッシュとしてだけでも役立つので、無利息期間終了後の条件についてもよくよくチェックしておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加