キャッシング利息過払いを取り戻すには

あなたは損してない?キャッシングの過払いに対応する方法を学ぶ

何故過払いは起こるのか?

過払いとは、利息分を超えて払いすぎたことを言います。以前は特に闇金などで法定利息を超えて設定された利息分についての話で、通常の場合そういう事例は少なかったのですが、最近は利息制限法と貸金業法で上限金利が違っていたと言う法的不備によって、キャッシングで過払いが発生していると解釈されるようになりました。
(⇒闇金を利用してしまうとどうなる?

このようなキャッシングを利用している人はだれもが返金してもらえる可能性が出てきています。しかし過払い請求というのは決して楽ではありませんので、その方法について解説いたします。

簡単にはいかない過払い請求

各法律で規定している上限金利は利息制限法のほうが10万円未満で20%、10万円以上100万円未満で18%、100万円以上で15%と決められていますが、貸金業法では29.2%とされていました。この利息制限法と貸金業法の境目こそが過払いの原因となっています。

2010年に貸金業法が改正されるまで貸金業を営む金融機関では29.2%以内で利息を設定していたため、利息制限法との差が出ることになってしまいました。この利息制限法と貸金業法で定める金利の間をグレーゾーン金利と呼び、従来から問題視されていました。

近年の司法判断から裁判所は債務者(借手)に有利な判断が出されるようになっており、過払い金の返還を受けたい場合には過払金返還請求訴訟を起こすことによって、多くの場合取り戻せるようになりました。

ですので該当すると思われる場合には、弁護士や司法書士などに相談してみてください。相談は無料で受けてくれるところも多く、積極的に利用して不当な利息については断固とした態度を取り戻しましょう。ただし実際に過払金返還請求訴訟を起こす場合にはそれなりの費用を伴います。

本人だけの訴訟によって取り戻す場合も増加していますが、この場合相手のほうが金融と言う分野では一枚上手なので、和解条件が不利になっている場合も散見されます。やはり取り戻そうと考える場合には多少の出費には目を瞑って専門家に依頼したほうが無難です。ただし最近では残念ながら悪質な弁護士や司法書士も存在しているため、評判を調べて信頼できるところを選びたいものです。テレビCMをしているから…という理由で決めずに、出来れば実際に利用した方の意見を聞いて選びたいところです。

もしグレーゾーンを超えた利息を払っていた場合には犯罪になりますので、すぐに警察に行って下さい。こういう場合の業者をいわゆる闇金と言い、貸付契約自体が無効となるため利息を払う必要はありません。

また借りたお金は不法原因給付となり返す必要がありません。すでに返してしまった場合には取り返せるかはケースバイケースですがやはり専門家に相談してみてください。基本的に、闇金業者は使わないのが鉄則です。

取り戻したいなら裁判と言えどもひるまない事

裁判と言うと気が引けてしまう人も多いですが、相手のほうが法的に不当なことをしているわけですから、毅然として訴訟に臨み、払いすぎたものは絶対に取り戻すように頑張ってください。

腕の良い弁護士なら早々に決着が付く事もあります。事前の準備を徹底して行なっておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加