返済計画には性格も影響している

性格も関係してる?キャッシング返済方法は自分の行動タイプも大事!

性格が返済に影響する?

以前はお金の貸し借りはいろいろ面倒で、返済方法についても事細かく取り決められている場合が多いですね。しかし最近のキャッシングでお金を借りた場合、返済方法については様々な方法があり、各人の生活パターンで使い易いものを決めることが出来ます。

しかし1つ注意して欲しいのは、自分の生活パターンを基本に選んでも、性格上難しい場合もあります。良く自分の性格を見極めて返済方法を選びましょう。自分の最大の理解者は自分なのです。

返済方法は性格で使い分けが可能

まず返済方法を確認しておくと、金融機関の窓口で返済する窓口返済、借入先金融機関のATM、借入先金融機関と提携する銀行等のATMあるいはCD、コンビニエンスストア、金融機関の指定口座への振込、自分の口座からの口座引落し、借入先金融機関への郵送、また最近ではインターネットも利用可能になっています。この中から自分にあったものを選べば良いわけです。
(⇒インターネットでキャッシングを利用してみる

通常の場合、口座引落しが忘れる心配も無く、一番使い勝手がよいでしょう。しかし残高不足の危険性があるため、予め入金しておくのを忘れがちの人や、常時残高が少ないような人には向きません。こういった人にはかえって窓口で返済したり、コンビニエンスストアやATMなどで自分で入金するほうが、忘れる可能性は少なくなるかもしれません。

このようにどの方法を採るかは、自分の性格を良く考えて選ぶ必要があります。最近では返済日前にメールで知らせてくれる場合もありますので、こういうサービスも利用を考えましょう。また返済方法によっては手数料が発生する場合もありますので、良く調べておきましょう。あまりにも小刻みに手数料を発生させていると、トータルで無視できないほどの負担になります。
(⇒金利と同様に手数料が大事な理由

返済方式についても知ろう

返済方法とともに、覚えておく必要があるのは返済方式です。これには1回で全額返済する一括払い、予め決めた回数に分けて返済する分割払い、毎月一定額や残額次第で返済する金額が決まるリボルビング払いがあります。

リボルビング払いには毎月の返済額を決める方式として定額方式、定率方式、残高スライド方式等様々な方式が存在します。この方法についても自分にあったものを選んで利用しましょう。ただ、リボルビング払いにしたままで最低額しか返していないと、金利ばかりがかさむのには注意しましょう。

返し易いのは高額の場合はやはりリボルビング払いということになりますが、借りている期間は短いほど利息は少なくなりますので、余力が有るのであれば、早期に一括払いで返済したほうが有利です。借りる前に各方式で返済総額をシミュレーションしてみることが必要でしょう。

この場合注意が必要なのは自分の返済能力を客観的に見ることです。安易に判断しては、返済計画が破綻してしまいますので、できれば誰かと一緒に計算してみる事をお奨めします。専門家が居れば、もちろんその指示に従うのも有効です。
(⇒返済計画は慎重に

このエントリーをはてなブックマークに追加