キャッシングシミュレーションを使いこなす

キャッシング返済シミュレーションは複雑?計算結果を役立てる為に

お金を借りるなら事前の計画を

キャッシングは手軽で便利なため利用している人は多いですが、借りる前に充分な返済計画をたてている人は少ないのではないでしょうか。

多重債務者の多くはこういった安易なキャッシングによって返済が難しくなってしまった人達です。お金を借りること自体は1つの経済行為で、悪いことでは無いのですが、安易な判断によって返済不能になることは貸し手にとっても困ったことで、借りる前に返済計画を立ててその方法をシミュレーションすることが重要です。

安定した返済にはシミュレーションを利用しよう

最近ではキャッシングを提供している金融機関のホームページで借入金額と返済期間を入力することで、簡単に返済シミュレーションをしてくれる場合もありますが、安易にこれだけで大丈夫と判断しないようにしましょう。

このシミュレーションは簡単に利用できて便利なのですが、あくまで月々の返済額が分かる程度ですので、自分の生活パターンが反映されているわけではありません。ですから、これだけでシミュレーションした気分になっては駄目なわけです。

まず必要なのは、自分の支出のパターンを全て挙げることです。季節毎の変動も加味した生活費の他、遊興費や医療費などもすべて把握しておく必要があります。さらに返済期間内の連休などでのレジャーにかかる費用なども予め計算に入れておくことも忘れないようにしましょう。先のことは分からないものですが、多めに計算しておけば、少なくとも返済に遅れが生じる事はありません。

この他分かることはすべて挙げた上で、次に収入について同じように詳細に考えてください。会社員の場合はほぼ一定しているかもしれませんが、自営業などの場合は季節変動を良く考えておきましょう。自由業においても同じで、仕事量の波で収入の平均を割り出しておくと良いでしょう。

これで返済期間内の月々の収入と支出がわかりますので、余裕となる予想金額が分かります。そこでいよいよ前記のシミュレーションによる月々の返済金額を見てみましょう。この金額が余裕となる金額を下回っていれば返済可能と言うことが出来ます。この結論に到達するのは決して楽ではありません。

ここまでやってこそシミュレーションと呼べるものになりますので、多重債務に陥る前にどんなに小さなキャッシングでも予めこのようなシミュレーションを行っておきましょう。やりすぎるという事はありませんので、時間に余裕がある限り正確に割り出しましょう。

シミュレーションは厳格に

シミュレーションを行う場合に注意することとしては、安易な判断を挟まないことです。判断を迷う場合は必ず厳しいほうを選んでおきましょう。何度も言うようですが、余裕はあればあるだけ安定に繋がります。

また予定外の出費と言うものは必ず発生するものですので、シミュレーションにおいては予め少し余裕を持った計算をしておくことが必要です。シミュレーションの際には、判断を誤らないように、できれば誰か身近な人と一緒に行うことをお奨めします。

このエントリーをはてなブックマークに追加